経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2011年 子ども造形教室 第7回 ティッシュに絵を描く | TOP | 2011年GW 香港・マカオ旅行 第5日目 マカオの下町で床屋に行く >>
2011年GW 香港・マカオ旅行 第5日目 マカオ世界遺産めぐり マカオ南部

P1180813.JPG
 セナド広場のサン・ドミンゴ教会で一休み。
P1180821.JPG
 サン・パウロ天主堂跡へ向かう。
P1180822.JPG
 マカオのシンボル、サン・パウロ天主堂跡。
P1180834.JPG
 モンテの砦に登る。
P1180833.JPG
 あのセンスの無い建物打っちまえ。
P1180835.JPG
 さっきまで歩いていた内港辺り。良く歩いたな〜。
P1180841.JPG
 暑いのでモンテの砦にあるマカオ博物館に入る。
 なめて入ったが、意外と充実している。
 テーマパークみたいになってて、結構時間がつぶれる。
P1180844.JPG
 人形がキモイ。。
P1180856.JPG
 マカオの歴史のジオラマが良く出来ている。
P1180857.JPG
 博物館からタクシーを飛ばして、半島南端の「媽閣廟(マーコウ・ミュウ)」へ行く。航海安全の神様。
P1180865.JPG
 昔ポルトガル人が、現地人に地名を聞いたところ、「媽閣」(マーコウ)と返したため、以後ポルトガル人はこの地域全体をマーコウ→「Macau」と称すようになったと言う。
 マカオの語源の場所。
P1180876.JPG
 この蚊取り線香みたいなお線香が面白い。
P1180877.JPG
 マカオの人は信心深いのか、それとも日本でいうところの雷門浅草寺みたいなものか。
P1180882.JPG
 「港務局大樓」へ向かう道を歩く。
 この道はマカオの中で一番気持ちの良かった通りだ。
P1180887.JPG
 「港務局」の建物。
P1180886.JPG
 この建物はイスラム系の警官宿舎だったため、イスラム的な回廊が有名。
P1180889.JPG
 一本道をひたすら街の中心部に向かって歩く。
P1180890.JPG
 リラウ広場で一休み。
P1180893.JPG
 ポルトガル人が最初に住み始めた地域らしい。
P1180899.JPG
 マカオの洋風の街には、中学生の制服が似合う。

 「鄭家屋敷」は19世紀に建てられた中国人有力商人の邸宅。

 華洋折衷様式の2階建て。
P1180905.JPG
 パティオを巡る回廊がいかにも南欧風。
P1180906.JPG
 以前トルコで泊まったホテルを思い出した。
P1180913.JPG
 この家の家族の集合写真。
P1180917.JPG
 また歩き出す。
 マカオの坂道には欧州車の方が似合う気がするが、日本車率が高い。
P1180920.JPG
 サン・ロレンソ教会(セント・ローレンス)。ひっそりと建っており、観光客はまばら。
P1180922.JPG
 マカオの街を歩いていると、いくつものパン屋さんに出会う。
 生活にパンが根付いているのだろう。
P1180924.JPG
 疲れたので遅い昼飯。
 「葡式海鮮泡飯(ポルトガル風シーフード雑炊)30パカタ」。これ美味い!
P1180928.JPG
 マカオはいいね。トマト色のメニューが沢山ある。ww
P1180929.JPG
  ドン・ペドロ5世劇場。もう少し朽ち果てていた方がいいな。
P1180934.JPG
 アゴスチーニョ広場 (オーガスティン)。世界遺産が立ち並ぶ一角。
P1180935.JPG
 サン・アゴスチーニョ教会(セント・オーガスティン)。
P1180936.JPG
 修道院とロバート・ホー・トン図書館。
P1180938.JPG
 アゴスチーニョ広場 (オーガスティン)は、確かジョニー・トーの新作「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」でラストシーンの撃ち合いがあった場所かな。
P1180939.JPG
 ロバート・ホー・トン図書館は落ち着いた雰囲気。
P1180942.JPG
 西洋人ってこういう場所で、何をするでもなく時間を過ごすのが上手い。Macで何かしてました。
P1180943.JPG
 あと少しでセナド広場。
P1180946.JPG
 新馬路とほぼ並行する「福隆新街(フッロンサンガイ)」。元遊郭
 P1180947.JPG
 往時の賑やかさが偲ばれます。アヘンとか吸ってたんでしょう。
 後で知ったが「フカヒレ」を安く食べられる店があるそうだ。次回は食おう。
P1180951.JPG
 ちょっと横道にそれてみる。
P1180952.JPG
 現在の生活の場。
P1180953.JPG
 ここまでで本日の世界遺産巡りは終了。
 タクシーでホテルに戻ります。現在15時ぐらいか。
 マカオはちょっと頑張れば、自分の足で回れるヒューマンスケールの街。
 いつもは名所旧跡には興味は無いが、今回は古い街並みを見て歩くのが楽しかった。

◇2011年GW 香港・マカオ旅行 アーカイブ
4月29日(金)第1日:怪しい路地好き(香港九龍旺角)
4月30日(土)第2日:市場好き(香港九龍旺角街市)
4月30日(土)第2日:地下鉄に乗って郊外へ
5月01日(日)第3日:香港デザインインスティテュート
5月01日(日)第3日:香港の中の外国1 ハリウッドロード
5月01日(日)第3日:香港の中の外国2 重慶大厦
5月02日(月)第4日:マカオ上陸
5月03日(火)第5日:マカオ世界遺産巡り ラザロ地区
5月03日(火)第5日:市場好き(澳門紅街市から三盞燈)
5月03日(火)第5日:マカオ世界遺産めぐり マカオ南部
5月03日(火)第5日:マカオの下町で床屋に行く

posted by アサノ | 00:16 | 2011年GW 香港・マカオ旅行 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
旅行記楽しく拝見してます。
マカオ懐かして、向かいの深センに約10年ほど住んでおり、マカオにも一時住んだことあります。三蓋燈付近です。
狭い街ですけど、噛めば噛むほど、味が出る。
サンズのバーで只見のショー見ながら、マカオ生ビアーも悪くないですよ。
2014/06/22 20:04 by KUNYS
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1878
トラックバック
Search this site