経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 日本デザイン学会誌 デザイン学研究特集号70号 特集/ヒューマンセンタードデザイン(HCD) | TOP | 2011年GW 香港・マカオ旅行 第6日目 マカオから尖沙咀 >>
2年生 インタフェースデザイン 前期10回目 インタラクションシナリオ

 前期も10回目となり、佳境に入ってきた感じ。

 先週作ったシーン毎のアクティビティシナリオから簡単なストーリーボードを描く。

 ストーリーボードで考えながらインタラクションシナリオを作成。

 このアクティビティシナリオ(コト)から、インタラクションシナリオ(モノ)に変換するのがデザインである。

 推敲しながら書き進める。

 最初慣れないうちはこのトランスレーションに戸惑うが、ひたすら書くのだ。

 スマートフォンのインタラクションは、無理にシナリオを書かなくともストーリーボードで表現することも可。

 今回は勉強だから、両方書いてみようか。

 今期もあと5回。
 10月からFLASHでのラピッドプロトタイプ作成に入れそうです。

◇2011年インタフェースデザイン アーカイブ
04月14日:第01回 課題説明
04月21日:第02回 調査計画
04月28日:第03回 半構造化インタビュー
05月09日:第3.5回 保育士さんにインタビュー
05月12日:第04回 問題シナリオ
05月19日:第05回 マトリックス化
05月26日:第06回 ペルソナ候補の作成
06月02日:第07回 評価グリッド法(ラダーリング)
06月09日:第08回 構造化シナリオ法(バリューシナリオ)
06月16日:第09回 構造化シナリオ法(アクティビティシナリオ)
06月23日:第10回 構造化シナリオ法(インタラクションシナリオ)
06月30日:第11回 ワイヤーフレーム(ペーパープロトタイプ)予定

◇2011年インタフェースデザイン 公式ブログ
posted by アサノ | 00:27 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site