経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 第58回日本デザイン学会 参加記 1日目講習会・特別講演等 | TOP | 2011年6月のイベント(アサノの記録) >>
第58回日本デザイン学会 参加記 2日目学会聴講
DSC01922.JPG
 前夜は津田沼市内のホテル泊まりで、楽々参加。
DSC01940.JPG
 昨夜は飲んじゃったので、自分のセッションのスライドがまだ未完成。
 どこかで作らなきゃと思いつつ会場へ。。
DSC01925.JPG
 学会受付。
 千葉工大の学生ボランティアさん達が大勢働いています。
 自分の学校で学会があると学生さんも勉強になりますね。
DSC01928.JPG
 E会場「情報デザイン」のセッション。元ムサビ寺沢研現リコーの梅澤くんの発表「日常生活の「手渡し」に基づくユーザーインターフェイス」の発表。
 おお、確か7〜8年前に卒業研究でやっていたテーマではないか??
 それからiPhoneが出たりと世の中がガラリと変わって、タスクベースのインタラクションが重視されるようになって来た。
 ひとつの研究を追い続けるのは良いことなので、次回の発表はフィジカルコンピューティングでプロトタイプを作るとか、もう少し実装よりの検証を望みたい。すると改めて見えてくるものがあると思う。
DSC01931.JPG
 A会場「情報デザインのプロセスと手法」のセッション。
 多摩美術大学永井由美子先生の「自分の体験を表現するためのフォーマット」の発表。
DSC01932.JPG
 これは面白かった。
 今私がやっている「ストーリーボーディング」にやたら近い研究である。
 梅澤くんのインタフェースもこういう物語の中に埋め込まれていると有用性が分るのだけれど。
 ソフトディバイスの八田さんの仕事を見ると良いと思います。
 私は9月のHIS2011仙台で発表予定。
DSC01966.JPG 
 歩いていたら「学生交流セッションA 未来のためのワークショップ」開催中。
DSC01951.JPG
 入ってみると、リアルタイムドキュメンテーションがずらり。
DSC01926.JPG
 9大学40名様々な分野の学生が参加して、フィールドワークからディスカッション、表現、発表まで2日間でやるそうである。
 指導しているのは未来大の岡本先生。
DSC01944.JPG
 どのチームを覗いても、情報デザイン系の学生はワークショップ慣れしておる。w
DSC01963.JPG
 初めてこういう学生のワークショップを見た、坂本さんが「この子らかしこいわ。」とおっしゃってました。
DSC01968.JPG
 受付周辺で我等の著書販売中。w
DSC01970.JPG
 つい先週出たばかりの「日本デザイン学会誌デザイン学研究特集号70号特集ヒューマンセンタードデザイン(HCD)」は最後の1冊。
 見ていた人が「これいいですか?」と言って即購入していただき完売。
 もっと欲しいという方が多かったので、後日私個人で15冊購入しました。
DSC01936.JPG
 企業のデモ会場。
 最近では自動車に興味があるのは日本人以外??
DSC01971.JPG
 我等の「産学セッションA」の始まる1時間前に、安藤先生の研究室で打ち合わせ。
 まだ引越ししたばかり状態の安藤研。
 いかにも「ひとりもん」の部屋。。
DSC01973.JPG
 最後のスライド作成。
DSC01974.JPG
 まだスライド作ってる安藤先生。(汗)
 次回「産学セッションA」に続く。。

◇第58回日本デザイン学会参加記 
・1日目:講習会・基調講演等
・2日目:学会聴講
・2日目:産学交流セッションA
・3日目:学生交流セッションB
・番外編:怪しい路地好き(津田沼にぎわい横丁)
posted by アサノ | 00:28 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site