経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 第58回日本デザイン学会 参加記 怪しい路地好き(津田沼にぎわい横丁) | TOP | 渋谷とんちゃんでサムギョプサルを食べる >>
IMJモバイル社内セミナー 2回目評価グリッド法とペルソナの作成
P1190980.JPG
 7月5日(火)の夕方、IMJモバイルさんでのセミナー2回目。

 前回行ったインタビューの記述方法と分析を行う。

 意外とこのあたりはペルソナ本でも曖昧になっていて初学者には分り辛い。
P1190975.JPG 
 今回はインタビューした人数が少ないので、問題シナリオとマトリックスは講義だけで省く。
P1190976.JPG
 インタビュー時に抽出しておいてもらった「気になる事柄」をポストイットに記述。
 単語で書かずに、その情景が目に浮かぶように書くのがコツ。なので大きめのポストイットを推奨。
P1190985.JPG
 みなさんのインタビューシート。汚れているのがよろしい。
P1190987.JPG
 思考が行ったり来たり、「おお、そういう意味じゃなかった」ゴシゴシみたいな書き方が良い。
P1190978.JPG
 この方は几帳面。。
P1190982.JPG
 壁に貼って、グルーピング。
P1190992.JPG
 評価グリッド法でラダーアップして分析。
P1190995.JPG
 ユーザーの本質的欲求を探る。
P1190996.JPG
 このラダーリングの時間が1時間半ぐらいだったが、カードの多さに同行した学生がビックリ!
P1190997.JPG
 たった3人しかインタビューしていないのに、書くわ書くわ。。
P1200001.JPG
 イメージは質では無くて量である。だから似たような事柄でも、まずは書く。貼る。
P1200005.JPG
 今回同行したアシスタント学生。ツッチーとナカヤマくん。
P1200003.JPG
 巡回中のナカヤマくん。
P1200007.JPG
 アドバイス中のツッチー。見ている私が緊張するw
P1200014.JPG
 そしてペルソナの作成。
 フォーマットに書き込むだけなので簡単。
P1200017.JPG
 ペルソナ作成のポイントは、ユーザーの利用状況にビジネスニーズを被せて考えること。
 最大公約数のユーザーに売りたいのか、エクストリームユーザーをターゲットにして新しい顧客を開拓するのか。
 同じインタビューデータでも、被せたビジネスニーズでアウトプットが全然変わってくる。
P1200026.JPG
 インタビューや観察からだけでペルソナが出来るのでは無いことを学んで今日は終了。
 今回はとってもスムーズ。慣れてきました。

 この後は師弟3人で反省会へGo!。

◇IMJモバイル社内セミナー・アーカイブ
6月21日(火):講義と半構造化インタビュー
7月05日(火):評価グリッド法とペルソナの作成
7月26日(火):構造化シナリオ法(予定)
8月02日(火):ペーパープロトタイピング(予定)
posted by アサノ | 00:15 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1940
トラックバック
Search this site