経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 大伸社さんに行ってきました | TOP | Web制作者のためのHCD理解in名古屋2011 第5回構造化シナリオ法とペーパープロトタイピング >>
mixiでペルソナ/シナリオ法(半構造化インタビューと評価グリッド法)ワークショップ

 8月5日(金)午前中大伸社さんに行って、午後よりmixiさんでワークショップ。
P1200433.JPG
 今回から3回連続でペルソナ/シナリオ法をやります。
 第1回目は半構造化インタビュー。
P1200435.JPG
 本当はもっとじっくりデプスインタビューとかやりたいのだが、如何せん時間が足りない。。
P1200437.JPG
 このチームは実機を触ってもらいながらのエスノグラフィックインタビュー。
P1200441.JPG
 つっちーくんも操作しながらインタビューを受けてます。
P1200444.JPG
 今回学生達は、インタビュアーではなくインタビューイー。聞かれる側要員
P1200451.JPG
 おお、インタビューシートがマインドマップになってる。
P1200452.JPG
 インタビュー結果をポストイットに書き出す。
P1200454.JPG
 ひたすら書く書く。。
P1200455.JPG
 書いたら壁に貼り出す。
P1200456.JPG
 貼り出したらグルーピング。
P1200469.JPG
 徐々にラダーアップして。
P1200470.JPG
 事象→行為目標→本質的な欲求までラダーアップしてくる。
P1200472.JPG
 おお、完成。インタビューからユーザーの本質的な欲求を探り当てたかな。
 皆、一度サービス名を隠して人に見せてごらん。
 結局各サービスに対するインタビューでは無く、mixiという大きなサービスに対しての結果が出てないか?
P1200473.JPG
 これは見るからに、こじつけている臭いな。(笑)
 ユーザー調査というものは、技術もあるけど気づく心みたいな感性が大切だ。
P1200471.JPG
 そうやっている横でペルソナを作成。
P1200477.JPG
 インタビューしたユーザー数が少ないから、マトリックスは作らずにいきなり書く。
P1200478.JPG
 ペルソナ/シナリオ法を学ぶ時は、いままでやったユーザー評価などとは違って最初は先が見えず苦しいものだ。
 次回の構造化シナリオ法あたりが、もどかしさのピークだろう。
 でも頑張って最後のペーパープロトタイピングまで行ってくれると、ズシリと良さが分かると思う。
P1200484.JPG
 終了後は、恒例ピザパーティー。
P1200486.JPG
 おお、あこがれの宅配ピザ。
 私宅配ピザって、ここかECナビでした食べたこと無いんです。美味しいですよね〜。
P1200487.JPG
 こういうカウンターバーいいですね。学校にも欲しい
P1200489.JPG 
 5回目ともなると学生もすっかり打ち解けて来ました。
 次回は8月26日(金)構造化シナリオ法です。

◇mixi HCDワークショップ アーカイブ
・5月17日第1回:講義
・5月27日第2回:オブザベーション
・6月17日第3回:ユーザー評価(観察法)
・7月01日第4回:ユーザー評価(NE比分析)
・8月05日第5回:半構造化インタビュー
・8月26日第6回:構造化シナリオ法(予定)
・9月30日第7回:ペーパープロトタイピング(予定)
posted by アサノ | 00:22 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1977
トラックバック
Search this site