経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< グループホーム | TOP | 再試験 >>
ハインリッヒの法則
 本日は午前中お休みを頂いて、運転免許証の更新に新宿の都庁まで行ってきました。4年ほど前にスピード違反で一度捕まったことがあったので、ゴールド免許の「優良」ではなく、「一般」という1時間の講習を受けてきました。

 通常は、ここであくびを噛み殺しながら1時間耐えるのですが。見せられた教育ビデオが面白かった。

 「ヒヤリハット」って知ってますか。労災事故防止の概念で、ヒヤリとしたりハッとするなど、「あわや事故になりかねない」事故寸前の危険な事例のことを言います。

 それをもう少し詳しくしたのが「ハインリッヒの法則」といって、アメリカの損害保険会社の研究者が考えた労災の発生確率分析です。

 一つの大きな災害には、以前に29の小さな災害がおきており、さらに災害につながりそうなヒヤリハットが300件あるという1:29:300の法則です。要するに、自動車事故を起こす前に沢山のヒヤリハットがある、それを無くしなさいというビデオだったのですが。

 この話は面白かった。この法則は、あらゆる物に共通する法則だ。あなたは今日どんな事にヒヤリハットしましたか?
posted by アサノ | 15:35 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site