経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2011夏 ベトナム旅行 5日目 ホーチミン市ゴーヴァンナム通りの青空床屋 | TOP | 2011夏 ベトナム旅行 5日目 怪しい路地好き(ホーチミン市デタム通り界隈) >>
横須賀フィールドワーク

DSC03038.JPG
 8月29日(月)京急線汐入駅に降り立つ。
DSC03043.JPG
 今日は学生達と横須賀フィールドワークの予定。
 教員のみ早めに来て、人気の「軍港めぐり」を体験。1200円
DSC03045.JPG
 この船で横須賀軍港を廻ります。
 もう後ろには大きな軍艦がいてワクワク。
DSC03048.JPG
 しゅっぱ〜つ!おお、潜水艦がいる。
DSC03052.JPG
 へ〜?日本にも空母があるんだ??
DSC03062.JPG
 こちらはアメリカのイージス艦。
DSC03064.JPG
 こちらは自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦。
DSC03072.JPG
 おお、今日は沢山イージス艦がいる。
 こんなに沢山いるもんなんだね。
DSC03074.JPG
 出た!原子力空母ジョージワシントン。
 こういうものが生で見れるのが、この「軍港めぐり」の凄いところ。
DSC03076.JPG
 パンフレット。こんなコースを約45分かけて廻ります。
DSC03079.JPG
 おお、日本海軍。
DSC03085.JPG
 バンザーイ!
DSC03113.JPG
 あ〜あ、面白かったところで、汐入駅前で学生と合流。
DSC03119.JPG
 今回は1年生の後期進級制作のためのロケハンティング。
DSC03126.JPG
 まずはドブ板通りにやってきました。
DSC03121.JPG
 ドブ板通りのフラッグは毎年コンテストがあるんだけど。
 学生応募して欲しいな。
DSC03128.JPG
 僕の学生時代もあったな、この店。
DSC03129.JPG
 ゾロゾロゾロ。
DSC03130.JPG
 ドブ板通りってどうして言うんでしょうか?

 どぶ板通りの名前の由来ですが、もともと本町一帯は明治時代以降、帝国海軍の軍港街として栄えました。その頃、本町一帯の通り(現在のどぶ板通り)には道の中央にドブ川が流れていました。そのドブ川が人の往来やクルマの通行に邪魔なので、海軍工廠より厚い鉄板を提供してもらい、ドブ川に蓋をしたことから、いつの日からか「どぶ板通り」と呼ばれるようになり、現在でもその呼び名が定着しているのです。

                                       ドブ板通り商店街公式サイトより
DSC03131.JPG
 いかにも米軍さんが歩いている街の雰囲気だ。
 そういう意味じゃ沖縄のコザみたい。
DSC03132.JPG
 横須賀の人は外人を見慣れていて、全然気にならないらしい。
DSC03134.JPG
 おお、ヨコスカ・ネイビーバーガー。そろそろお昼食べようか。
DSC03138.JPG
 今の学生は、米軍の放出品とか全然興味無いらしい。
DSC03139.JPG
 高校時代流行ったスカジャン。
DSC03164.JPG
 お腹が空いたということなので、老舗ハンバーガーショップ「ハニービー」に皆を連れてきた。
DSC03161.JPG
 おお、ハンバーガーじゃなくてタコス屋さんなのか。
DSC03160.JPG
 年季の入った渋い店内。
DSC03140.JPG
 メニューがかっこいいね。
DSC03145.JPG
 パテとバンズを焼く。
DSC03146.JPG
 スペシャルBLTバーガーとコーラのLサイズ。
DSC03149.JPG
 おお、凄いボリューム!
DSC03158.JPG
 チェーンのハンバーガーしか食べたことの無い学生達は大喜び。
 これも参与観察。
 先生は初めて横須賀に来た学生の振る舞いを観察。
DSC03154.JPG
 学生が頼んだチリバーガー。これも美味そう。。
DSC03172.JPG
 お店を出ると、ショーウィンドーにこんなドル円レートの掲示板が。ドル安い!
DSC03173.JPG
 昔米軍相手のバーがあった界隈へ。
DSC03174.JPG
 渋い!!
DSC03176.JPG
 なぜ日本のモチーフでもアメリカ人が描くと、何だか不思議な雰囲気になるのだろう。
 今回の横須賀観光案内のWebサイトは、こういうテイストにしたいな。
DSC03177.JPG
 昔バーがあった建物。
DSC03178.JPG
 朽ちた窓枠。
DSC03180.JPG
 横須賀在住の学生達も、改めて街を見直しているようだ。
DSC03183.JPG
 横須賀市役所に到着。以前お手伝いしたここのWebサイトが先日総務大臣賞を頂いたので、わりとデカイ顔で入って行く。
DSC03188.JPG
 横須賀の現状や特産物、アメリカ兵のことなどレクチャーを受ける。
 フィールドワークでは、現場の観察だけではなく、その地の図書館や民俗博物館があれば入ってデータを見ろという。
 単一出所のデータではなく、いろいろな方向から「横須賀」という街を見つめよう。これを三角測量と云う。
DSC03192.JPG
 必死にカキカキ。
DSC03195.JPG
 おお、質問しました!良い経験だ。
DSC03198.JPG
 沢山の資料を頂ました。ありがとうございます。
DSC03201.JPG
 市役所玄関にて「お~ホッとした。」ガヤガヤ
 こういう経験も今まで無いよね。まだ皆18〜19才
DSC03203.JPG
 有名な立ち食い焼き鳥屋さんの横を通り。
DSC03207.JPG
 目指す横須賀三笠ビル商店街に来ました。
DSC03208.JPG
 メモする習慣がついてきた。フィールドノーツって言うんだよ。
DSC03209.JPG
 こういう商店街のシャッターに絵を描こうというプロジェクトもやります。
DSC03210.JPG
 組合事務所に来ました。
DSC03212.JPG
 ここでも1時間あまりのミィーティング。
 クライアントとの打ち合わせも初めて。はぁ〜、疲れた。。
DSC03218.JPG
 では、学生諸君はここで解散。
 見落としたり、もっと詳しく見たい所があれば自由行動で行ってきなさい。
DSC03242.JPG
 先生達は戦艦三笠を観に来ました。
DSC03245.JPG
 おお、小学校の遠足以来だ。
DSC03243.JPG
 このボウズ頭は私ではありません。
DSC03250.JPG
 艦橋から前方を見る。
DSC03251.JPG
 操舵室。
 戦艦と言っても、明治の船は至ってシンプル。
DSC03255.JPG
 大砲発射!大砲一門に10名の水兵さんがいるんだそうな。
 自衛隊のイージス艦の大砲は無人で
DSC03262.JPG
 ぐるっとひと回りして、休憩。
 あ〜、今日はメチャクチャ歩いたなぁ。
DSC03259.JPG
 よしっ!飲みに行くか。

posted by アサノ | 00:22 | その他の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2005
トラックバック
Search this site