経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< 2011夏 ベトナム旅行 8日目 帰国 | TOP | インフォメーショングラフィック ワークショップ 4 in 静岡 のご案内 >>
怪しい路地好き (横須賀ドブ板通り)
DSC03344.JPG
 若松飲食街のフィールドワークから三笠商店街に到着。
DSC03335.JPG
 そろそろシャッターが閉まり始めたか。
DSC03331.JPG
 現在の時間は19時半。20時にはかなりの店がシャッターを閉めてしまう。
DSC03337.JPG
 このシャッター商店街にペイントをしようというプロジェクト。
DSC03340.JPG
 「銀次」と「天国」で急激に飲んだので、少々良い気分。
DSC03348.JPG
 三笠商店街から路地を通ってドブ板通りを目指す。
DSC03353.JPG
 本当に飲み屋が多いね〜。
DSC03354.JPG
 路地から路地を抜け。
DSC03355.JPG
 もうすぐドブ板通り。
DSC03357.JPG
 徐々に米兵向けの店が増えて来た。
DSC03358.JPG
 まだ20時ぐらいだから客足はいまいちか。
DSC03364.JPG
 メキシコ料理屋「TUNAMI」。ハンバーガーでビール。
DSC03368.JPG
 おお、いい感じだ。
DSC03369.JPG
 店の中を覗くと、そんなに席は埋まっていない。
 原子力空母ジョージワシントンが入港しているのに。
DSC03370.JPG
 カラオケ「ブートキャンプ」。
DSC03372.JPG
 バーが多いですね。
DSC03373.JPG
 大体ワンドリンク500円が相場。
DSC03375.JPG
 今頃の夜はテラス席が気持ちいいね。
DSC03376.JPG
 さて、そろそろ我らも一杯飲むか。
DSC03378.JPG
 FLEET RESERVE ASSOCIATION(艦隊予備協会)。
 軍属のクラブみたいな意味かな。
DSC03380.JPG
 ここはヤバくないので入り易い。
DSC03391.JPG
 クラブに所属してなくても、日本人でも入店OK。
DSC03382.JPG
 酔い覚ましにビールを飲む。
DSC03389.JPG
 他のお客は全てアメリカ人。
 ウーロンハイとか頼んで、100円玉で払い、テーブル席に持っていってじっと飲んでる感じ。
 沖縄のバーでもアメリカ兵はそんな感じだった。円高だからかな。
DSC03386.JPG
 店の隅にスロットマシンコーナー。
DSC03392.JPG
 FLEET RESERVE ASSOCIATIONを出ると並びに「一福」がある。
DSC03394.JPG
 X JAPANのhideが売れない頃よく来たという店だが。
 それを知らなくとも、入ってみるとビックリする定食屋さんだ。
 もうお腹いっぱいだが、次回はここで飲むか。
DSC03397.JPG
 ドブ板近辺の辻々にはMPが立っているので治安は良い。
 元々横須賀の米兵は海軍の技術者が多いので、沖縄の海兵隊のような事件は起こさないという。
 以前三沢に行った時も、空軍なので悪いことをしないと聞いたことがあるしな。
DSC03400.JPG
 汐入の駅に向かう。
DSC03401.JPG
 一福の辺りから汐入駅までは、新しめのバーが多い。
DSC03402.JPG
 こういう店は、米兵というよりは日本人の若者向けなのだろう。
DSC03403.JPG 
 ああ、今日は沢山歩いたな〜。
 横須賀で飲むと世田谷まで帰るのに2時間半から3時間かかる。トホホ

◇怪しい路地好きアーカイブ
横須賀ドブ板通り
横須賀若松飲食街
台北林森北路
台北艋舺(モンガ)
三軒茶屋なかみち街
ホーチミン市デタム通り界隈
千葉市栄町コリアンタウン
渋谷桜丘富士屋本店の路地
町田二番街裏
京都錦小路通烏丸西入る
津田沼にぎわい横丁
渋谷のんべい横丁2
名古屋円頓寺銀座街
町田仲見世飲食街
渋谷のんべい横丁
澳門友誼巷
香港九龍旺角
新宿ゴールデン街
京都先斗町13番路地
東京恵比寿横丁
大阪新世界ジャンジャン横丁
大阪ミナミ法善寺横丁
名古屋伏見みその小路
野毛のハーモニカ横町
堀切菖蒲園
京成立石仲見世
京都リド飲食街
台南赤崁東路
横浜橋商店街
有楽町ガード下焼き鳥ストリート
横浜狸小路
静岡青葉おでん街
広島猿猴橋町愛友横丁
浅草初音小路飲食街
下北沢駅前食品市場
三軒茶屋すずらん通り
秋葉原電気街
菊名西口商店街
品川駅前
ソウル江南
新宿思い出横丁
新宿歌舞伎町
町田仲見世商店街 
溝の口西口商店街
posted by アサノ | 00:10 | 怪しい路地好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2013
トラックバック
Search this site