経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き (横須賀ドブ板通り) | TOP | ソフトウェア品質管理研究会ソフトウェア工学の基礎 >>
インフォメーショングラフィック ワークショップ 4 in 静岡 のご案内

 静岡常葉学園大学の安武先生が計画中。たまには秋の2日間静岡に行ってみるのも楽しいかもよ。
 私は29日が入試のため、30日に見に行こうと考えています。学生はドン行で行けば片道約3時間2500円ぐらい。

 静岡市にじっくり一泊滞在して、その土地に潜む「見えない力」を可視化する合宿ワークショプを開催します。グループワークで相互に学び合い、フィールドワークで取材したことから、静岡市を分かりやすく、魅力的に図解するインフォグラフィックを創りだします。大学内施設にわいわいと「合宿」しながら、デザインの思考とプロセスを学び合う場を楽しめる方を募集します。

 静岡市は、3,000mを超える南アルプスから日本最深の駿河湾に至る多様な自然を有しています。また、羽衣伝説を生んだ三保松原や富士山、駿河湾を望む日本平・薩埵峠など多くの名勝を誇る街です。
 その歴史は古く、奈良時代には駿河の国の国府が置かれ、地域の中心都市としての役割を担ってきました。室町時代から戦国時代にかけては、今川氏の城下町として今川文化が開花し、江戸時代には徳川家康が駿府城に居住して大御所政治を開始し、事実上の首都機能を担いました。これらの歴史や文化は、静岡浅間神社や久能山東照宮、駿府城跡、旧東海道の宿場まちなどで、軌跡を訪ねることができます。
 また、お茶や静岡おでん、清水港のマグロ、桜えび、わさび、ホビー産業など幅広い一次、二次産業を有し、商業や行政の都市インフラが集約されたコンパクトシティと言われています。
今回のワークショップでは、この「静岡市の見えない力」の可視化に挑戦します。
 たとえば、葵区にある茶町(お茶の取引所がある一帯を茶町と称している)を軸に、茶の加工、茶商の歴史、お茶の種類と煎れ方などを通し、「静岡市の見えない力」を可視化することもできるでしょう。

●参加者は事前準備が必須です。
 各自、自分なりの「静岡市の見えない力」を20点調べ、さらにその中から3点について可視化するアイデアを、それぞれA4用紙1枚にまとめ持ち寄ってください。
講師側の判断で、相乗的に発展するであろう人同士のグループをつくり、フィールドワークを経て、最終的にグループでインフォグラフィックスを制作します。
 メンバーとは当日初めて顔合わせをしますが、席に着いたら瞬間から活発なディスカッションが展開できるよう、十分な下調べや予備知識が必須です。静岡市の力の「通」になってください。

●「力」という形のないものを、どういう切り口でどう表現すると相手を引きつける形にできるか。きれいな仕上がりよりは「目の付けどころ」が発見できれば大成功です。
●フィールドワークでは実際の関係者への取材を通して、「力」の実態をつかんでもらいます。
●仕上げはコンピュータを使わず手描きで作成しますが、資料収集用などにコンピュータを持参しても構いません。
●フィールドは静岡市内を範囲内とします。
●各グループには記録とファシリテーションを担当する学生スタッフが同行します。
●講師:木村博之さん、安武伸朗、他
●日時/会場
10月29日 静岡デザイン専門学校
9:00 受付開始
9:30 〇ち寄った「静岡の見えないちから」の発表とグループ作り
10:00 ▲哀襦璽廛妊スカッション
11:00 フィールドワーク、取材(静岡市内)
16:00 ぅ轡礇奪侫襯妊スカッション(静岡デザイン専門学校)
17:00 ソ了 夕食会後、宿泊先までバスで移動します
20:00 合宿会場(常葉学園研修センター)着。入浴後、グループ交流

10月30日 常葉学園大学3号館5階 3510室
8:30 А崟轍の見えないちから」グループ発表で共有します
9:30 ┘ぅ鵐侫グラフィック制作
12:30 発表
13:00 講評と振り返り
15:00 終了、解散

●定員:25人(社会人、学生)
●会費:社会人/4,000円(宿泊代、ソフトドリンク、消耗品代込み、食費は各自)
    学生/1,500円(宿泊代、ソフトドリンク、消耗品代込み、食費は各自、)
●宿泊:常葉学園研修センター http://www.tokoha.ac.jp/tokoha-tc
    学生の合宿用宿泊施設です。2段ベッド、浴室、洗面室、食堂あり。
    タオル、寝間着などはご用意ください。
●食事:30日の朝食、昼食は大学構内のコンビニをご利用下さい
●主催:常葉学園大学 造形学部 安武研究室 
●共催:情報デザインフォーラム・コミュニケーションデザイン研究会
●お申し込み:「こくちーず」より先着制
●お問い合わせ: workshop.shizuoka@gmail.com 

木村博之氏 (きむら ひろゆき)

()チューブグラフィックス代表取締役。千葉大学工学部、東洋大学ライフデザイン学部で講師。

1956年、宮城県女川町生まれ。明治大学卒業。()モリシタで地図を中心としたインフォグラフィックス・デザインに携わる。1986年に独立し、()チューブグラフィックスを設立。1995年、世界各国から優れたインフォグラフィックスが集合するコンテスト、SND Malofiej Infographics Awardsで金賞受賞。199697年、Malofiej Awardsの審査員。1998年、長野オリンピックの公式ガイドを作成。2009年、第30SND(The Society for News Design:ニュースデザイン協会)国際コンテスト審査員。2010年『世界大地図』(小学館)でも数多くのインフォグラフィックスを担当。

 
posted by アサノ | 00:07 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2025
トラックバック
Search this site