経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< 第8回情報デザインフォーラム 前編 観察とデザイン | TOP | 2011年9月のイベント(アサノの記録) >>
第8回情報デザインフォーラム 後編 パネル発表とディスカッション
P1220026.JPG
 前半の「観察とデザイン」が終わって、急いで会場をパネル発表用に転換。
P1220034.JPG
 いつもはパネル発表は懇親会の時にやるのですが、今回はかなり充実したものとなりました。

・「コンセプト・リファイン方法の研究-ストーリーボーディングの提案、浅野智(横浜デジタルアーツ専門学校)、榎本徹(ECナビ)・鈴木千絵(サイバーエージェント)
・「インフォグラフィックスのデザインプロセスと3Dプリンターによるパーソナルファブリケーション」、太田正文、下川紗、野部岳大 小池星多(東京都市大学小池研究室)(東京都市大学小池研究室)
・「日本に滞在する外国人のためのモバイル・サービスのデザイン」、大越貴裕、文屋圭裕、加藤遥(専修大学上平プロジェクト)
・「Photo BENTO ーネットを介した日常発見共有」、岡澤佳恵(京都工芸繊維大学)
・「Visual Languageの社会的応用2:サービススケッチツールの開発」、高橋愛未、王俊傑(専修大学上平研究室)
・「ISO9241-210の概要紹介(ISO9241-210読書会より)」、佐々木将之(hcdvalue)
・「UX白書の翻訳と概要」、吉岡典子(hdcvalue)
・「JU -高齢者と家族が感覚的なコミュニケーションをとるためのサービス-」、浅野かほ(多摩美術大学)
・「ハイスピードカメラによるユーザインタフェースの観察手法」、安藤幸央(株式会社エクサ)
・「映像を人から人へ−映像における伝達のメカニズム」、岡美里、鈴木詩織、鈴木ひかる、三沢拓也、久野僚太(武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科)
・「iPad−キーボード入力における問題点」、相原なつみ、木村紀恵、佐藤麻友希、神谷香帆、山田祥子(武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科)
P1220027.JPG
 カホちゃんも、先日卒研審査会に出したものを持って来て、広く批評を仰ぐことに。
 ちゃっかり私のMac Book Air 使用中。
P1220033.JPG
 こちらは私の発表ブース。
 私は前から使っている古いレッツノートでプレゼンか〜。
P1220039.JPG
 発表スタート!
 私は1回やって、あとは弟子にバトンタッチ。ww
 ECナビの榎本さんの方がオーディエンスが集まっとたばい。
P1220037.JPG
 カホちゃんも千葉工大やムサビの先生達からコメントをもらって、かなり考えがまとまってきたようだ。
 悩んだらインタラクションを増やすというのが大切。
P1220047.JPG
 安藤日記の安藤さん。
P1220052.JPG
 専修大学は上平先生が来ていなくとも、学生さんがしっかり発表。
P1220053.JPG
 京セラ渡辺さんと京都工芸繊維大学の岡澤さん。二人とも関西からの遠征組。
 おやおや、二人の間の奥には同志社女子大学の有賀先生の姿も。こちらも関西遠征組。
P1220064.JPG
 今回はムサビの視デの中にある情報デザインというコース?からの出展。
 我らがムムムとなる、しっかりした内容。3年生でこれは凄い!
P1220067.JPG
 今回はhcdvalueから4件の発表があった。
P1220070.JPG
 研究と発表は継続することが大切。
 また次回も発表しよう。
P1220075.JPG
 8月にあった「地域・コミュニティを楽しくするためのデザインワークショップ」がドキュメントになっていた。
P1220074.JPG
 なにかをやったらドキュメントに残す。分かっちゃいるけど、実際にやるのは並大抵の苦労じゃないと思う。
P1220076.JPG
 未来大の先輩後輩発見。
 名塚は都会の水に半年間洗われたので、こんなにスリムになりました。
 小野田くんは、少し大人に。。
P1220087.JPG
 いつもの「くいもの屋わん津田沼店」で懇親会。40名以上いました。
 その後、山崎研のオープンラボ打ち上げに参加。更に飲む。
P1220088.JPG
 廊下で円陣組んでお酒が飲めるなんていいね。
 何時まででも学校に居ていいのは工業大学の特色。
 最近留学先のトロントから帰って来たM2カオリちゃんと。
P1220089.JPG
 いや〜、これは凄い!
 10時半ぐらいでおいとましました。
 皆さまお疲れさまでした。

第8回情報デザインフォーラム 前編 観察とデザイン
posted by アサノ | 00:13 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2029
トラックバック
Search this site