経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2011年 豪徳寺沖縄まつり | TOP | 第7回新横浜ユーザビリティ研究会ただ今申し込み受付中 >>
第5回HCD-Netサロン「ユーザーエクスペリエンスのアプローチ」
P1220309.JPG
 10月5日(水)麹町のKDDIWCさんで行われた「第5回HCD-Netサロン「ユーザーエクスペリエンスのアプローチ」に行ってきた。
P1220312.JPG
 1番バッターは、日立インターメディックスの近藤 朗さん「サービスデザインにおけるエクスペリエンスへのアプローチ」
P1220319.JPG
 近藤さんとは、昨年10月に函館で行われた国際サービスイノベーションデザインカンファレンスでご一緒しました。
P1220321.JPG 
 2番バッターは、NECの藤井浩美さん「NECにおけるブランドとUCDへのアプローチ」。
P1220324.JPG
 ユーザー観察から生まれた頑丈なPCや、心理分析に基づいたWebのリニューアルなど。
P1220322.JPG
 NECさんがこんなにUCDに取り組んでいるとは思いませんでした。
P1220327.JPG
 千葉工業大学山崎和彦先生「ブランドエクスペリエンスのアプローチ」。
P1220328.JPG
 夏にオーランドで行われたHCI International 2011に行かれたついでにニューヨークで様々なデザイン関連施設を回られた報告。
 Audiobrainという音のブランディングをする会社の話が面白かった。随分前に、やはり音のデザインをするムジカという会社を調べたことがあるので。
P1220332.JPG
 人間はまず感情的に好きになり、その後論理的に説明しようとする。
 これって就職試験も同じだ。まずは入れようと思って、社内に説明する要素を考えるものだ。
 就職活動もサービスデザインなんですね。
P1220333.JPG
 最後が放送大学黒須正明先生の「これからのユーザーエクスペリエンスのアプローチ」。
P1220342.JPG
 先日HIS2011仙台で受けた黒須先生の講習会の短縮版。
 あちらは仙台で4時間で、こちらは麹町で40分。どちらが得か・・・。
P1220344.JPG
 あまり関係ないが、東アジア諸国の「感性」の扱い。。
 ちなみにKEER 2012: Kansei Engineering and Emotion Research 2012 (台湾感性学会)のアブストラクトは9月30日から10月15日まで延びたそうです。本当に台湾でも(Kansai)って言うんですね。
P1220349.JPG
 改訂版ISO9241-210のUXの扱い。
P1220352.JPG
 お疲れさまでした。
 21時ごろ終わって、近くの居酒屋で猛烈な勢いで懇親会をして、23時半に家に着いた。

◇関連情報:
第5回HCD-Netサロン「ユーザーエクスペリエンスのアプローチ」メモ
安藤日記
posted by アサノ | 00:27 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site