経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 東洋と西洋のはざまでを読んで | TOP | M.チクセントミハイ フロー体験 喜びの現象学 >>
電子工作室
 次年度出来る新校舎に電子工作室を作ろうと思っている。
 やっとわが校でもパーソナルファブリケーションの授業が出来るかと思うとうれしい。
 そこで悩んでいるのが、その工作机。
 多摩美風に木製のものにすれば、グループ演習にも使えるので汎用性は高い。
 写真は、情デ卒業研究制作公式ブログより借りました。
 
 また未来大みたいにすると、ガンガン工作出来そうな雰囲気だし。
 現在什器選定中なので、アドバイスあるかたはお願い致します。
posted by アサノ | 00:21 | 情報デザイン | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
電子工作・・たのしそうですね
ご存じかと思いますが、アーツ千代田3331(http://www.3331.jp/)内のはんだづけカフェ(http://handazukecafe.com/)あたりを参考にされても良いかと思います。そこは、雑誌Make(http://www.oreilly.co.jp/books/make/)の世界で、ワクワク感をそそります。
あと、余談ですが、私のところではデザイン室なる部屋の壁を、一面ホワイトボードにしました。多摩美ダクト研究室を真似てみました。好評です。
2011/10/24 14:10 by ナミキ
ちなみにこのタマビの写真の右側も一面ホワイトボードです。
机よりホワイトボードの方があるともっと授業や作業が進みやすいよ。
2011/10/26 12:43 by kaho
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2055
トラックバック
Search this site