経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2011年11月のイベント(アサノの予定) | TOP | 2011年秋 台湾合宿 3日目 台南観光 >>
2011年秋 台湾合宿 3日目 台南に移動
DSC03867.JPG
 3日目の朝、早起きして台北駅より台湾高鐡で台南に向かう。

 自動券売機で四苦八苦して購入。w
DSC03877.JPG
 台湾高鐡は島の北側台北から南の高雄までを1時間半で結ぶ新幹線である。現在は高雄の手前の左営まで開通。
DSC03879.JPG
 座席は、日本の新幹線と比べるとちょっと狭い。在来線の急行ぐらいのクオリティ。
 窓から見える景色も、余り速さを感じなかった。時速300km出るそうだが。。
DSC03884.JPG
 車輌は日本製。その他の部分はドイツやフランスなどの技術も使われている。
DSC03887.JPG
 台南到着。
 なぜ台南まで来たかというと。明日訪問する雲林科技大学が斗六というかなり南の街なので、前日入りする事にしたわけ。
DSC03889.JPG
 自動改札機は乗車券を一方向一面でしか入れられないのは初心者にエラーを起こさせる。
 せめて裏表は許すとして、前後はフリーにして欲しい。「乗車券の黒い方を下に」とかいうのあるよね。
 そういう意味では日本のJRの自動改札機は全方向OKなので素晴らしい。
DSC03890.JPG
 台湾高鐡台南駅。台南駅といっても野っぱらの中にある。
 一昔前の新横浜みたいなものだ。
DSC03892.JPG
 隣の在来線で本当の台南駅に向かう。
DSC03893.JPG
 この乗り換えは、事前に台北で台南出身の人に聞いていなかったら、ちょっと分からなかったな。
 我らは無事乗車。
DSC03894.JPG
 在来線の台南駅に到着。
DSC03895.JPG
 今回の小旅行は、台北のホテルにキャリーバッグを置いて来たので、デイパックにPCと替えパンツのみの空身だ。
 ツッチーのみ、デイパックを持って来なかったので全財産を引っ張って移動中。
DSC03896.JPG
 台南車站(駅)は、いかにも南国風のレトロな建物。
DSC03903.JPG
 新幹線を使ってしまったので、少し経費を節約しようということで駅前の安ホテルに泊まることにする。
DSC03898.JPG
 「漢宮大飯店」は、私が貧乏旅行する時に泊まるホテル。
 フロントに英語が話せる女性がいるので、交渉し易い。
DSC03899.JPG
 私が泊まった部屋は600元(約1600円)で、WiFi付き。
DSC03901.JPG
 シャワーもちゃんとお湯が出る。w
DSC03904.JPG
 ツインの部屋は大きな冷蔵庫付きで1100元。一人550元。
 この部屋のあるフロアはWiFiが来ていなかったようだ。
DSC03905.JPG
 ホテルに荷物を置いて昼食に出る。
 いっしゅ原始のふうみ。。
DSC03906.JPG
 極致のセイコーの手芸
 達人の厳選天然の手は皮革を染めます。。(笑)
 日本人が変な英語のTシャツ着ているみたいなものか。
DSC03907.JPG
 旧跡赤崁擔の近くにある「台南赤崁擔仔麺」に連れて来た。
DSC03911.JPG
 食事も予算削減のため、毎食100元以下でやってきたので、あまり贅沢な料理は頼まず。
 台南名物の擔仔麺を頼む。
DSC03916.JPG
 それと、これは外せない肉臊飯。
DSC03917.JPG
 「ピータン豆腐」この店は何を食べても美味しくて、台南に来たら絶対お薦め。
 これで一人100元ぐらいでした。
DSC03918.JPG
 もぐもぐ、ぱくぱく。
 台湾は食べ物が安くて美味しいのがありがたいですね。

 最近東京にもお店が出来た「滷味(ルーウェイ )」。

 具を選んでザルに入れて持って行くとスープで煮込んでくれる料理です。
 春に行ったマカオにもあった。

 それに米麺とかも入れられるので、最近屋台などもよく見かけます。
 夜来たら、これで一杯というのも良いでしょう。
DSC03926.JPG
 旧跡赤崁擔は、門から覗いたのみでスルー。ww

◇2011年秋 台湾合宿 アーカイブ
1日目:台北到着
posted by アサノ | 00:24 | 2011年秋 台湾合宿 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2063
トラックバック
Search this site