経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2011年秋 台湾合宿 3日目 台南に移動 | TOP | リモア TOPAS BUSINESS TROLLY 92840 >>
2011年秋 台湾合宿 3日目 台南観光
DSC03933.JPG
 昼食後は、タクシーで孔子廟へ向かう。
DSC03935.JPG
 気温が肌寒かった台北に比べて、台南は33度もありバテバテ。
 しかも日曜日だったので、どこに行っても人ばかり。
DSC03937.JPG
 速攻でカフェで休憩することに。
 デブは入れない「窄門」へ。
DSC03939.JPG
 狭い路地に入って。
DSC03940.JPG
 階段を登ると。
DSC03941.JPG
 草が生えている。ww
DSC03942.JPG
 落ち着いたレトロな雰囲気の店内。
DSC03943.JPG
 昔はお医者さんの家だったとか。
DSC03947.JPG
 近くにはこんな本屋さんが。
 これだけ見ても、台南が京都のような古都だということが分かる。
DSC03949.JPG
 涼んだ後は、タクシーに乗って海辺の安平へ。
DSC03948.JPG
 派手派手の天后宮。
DSC03950.JPG
 今年は香港・マカオ・ベトナムのチョロン地区とよく中国のお寺を見る。
 親の墓参りよりも全然多い。
DSC03953.JPG
 学生はどう思うのだろう。。
DSC03954.JPG
 もう真夏のような気温でフィールドワークどころでは無し。
 ただの観光に切り替える。
DSC03956.JPG
 「安平古堡」
DSC03957.JPG
 オランダ人が造ったゼーランジャ城の跡。
 大砲は、海では無く陸地(台湾人の住む)を向いている。
 この城を起点としてオランダ人は台湾を支配した。
DSC03955.JPG
 タワーに登ると、廻りの地形がよく分かる。
DSC03959.JPG
 オランダ人が築いたレンガの壁。
 1662年に福建人の父と日本人の母の間に生まれた鄭成功によってオランダ人が追い出される。
 なので鄭成功は台湾の国民的英雄なのである。台南の国立成功大学の名前はそこからね。
DSC03964.JPG
 お城から街に降りて来て「老街」にある路地に向かう。
DSC03965.JPG
 ちょっとイタリアの路地みたいでしょ。
DSC03966.JPG
 私が台湾で一番好きな場所のひとつ。
DSC03968.JPG
 観光客が歩くコースになっているのか。
DSC03970.JPG
 はではで。
DSC03971.JPG
 「二百年老暦」200年前から建っているということか?
DSC03972.JPG
 シーサー。。
DSC03973.JPG
 やっとフィールドワークらしくなってきた。
DSC03974.JPG
 どこの国でも、路地には老人がたむろする。
DSC03976.JPG
 そういう空間が無い街の老人は不幸だ。
 通りがかる若者をからかったりする。w
DSC03977.JPG
 路地の奥にきれいな門が。
DSC03979.JPG
 門の奥には井戸や邸宅がある。
DSC03981.JPG
 いい路地だねぇ〜。
DSC03982.JPG
 おお、派手な寺院が。
DSC03983.JPG
 これはDNAとして日本人には無い色使いだ。
DSC03984.JPG
 ポルトガルですか。。
DSC03985.JPG
 オランダの影響ってあるのだろうか。
DSC03989.JPG
 16時半ぐらいに、暑さでへとへとになって台南駅に帰着。
 夜までホテルの部屋でエアコンかけて昼寝することにします。

◇2011年秋 台湾合宿 アーカイブ
1日目:台北到着
posted by アサノ | 00:07 | 2011年秋 台湾合宿 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2065
トラックバック
Search this site