経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2011年秋 台湾合宿 5日目 台中から台北へ移動 | TOP | 2011年秋 台湾合宿 5日目 台北国際デザインEXPO2011 >>
産業技術大学院大学 「人間中心デザイン」履修証明プログラム 第2回
P1220852.JPG
 11月11日(金)品川シーサイドの楽天タワー前で夕食をかき込む。
P1220854.JPG
 今日の講義は、前回積み残しの「インタラクションシナリオ」。
P1220856.JPG
 「アクティビティシナリオ」から「インタラクションシナリオ」に書き換えるのは簡単なはずなのだが、意外と手間がかかっている。
P1220858.JPG
 今までの各講座で緻密に考える習慣がついてしまっているようだ。
 単なるサイトのリニューアルでは無い分、かなり考えるのか?
P1220860.JPG
 我らは研究者では無く開発者なのだから、あまり時間をかけるのは意味が無い。
 何とか1コマ目でシナリオ完成してくれ〜。
P1220864.JPG
 焼き芋食いながら検討中。モグモグ
P1220870.JPG
 このチームは、赤いポストイットにタスクを書いて、下に想定されるインタラクションを書き出した。
 まずこれをやってしまえば、シナリオやワイヤーフレームを描く作業も分業出来て効率的かも。
P1220866.JPG
 後はチームメンバーのイメージがどこまで共有されるかだな。
 一人はディレクターが必要。
 皆の知恵が集まるのが予想外で楽しい。
P1220878.JPG
 インタラクションシナリオも清書。
P1220876.JPG
 シナリオが書けたチームは、簡単なワイヤーフレームを描いてストーリーボードを作る。
P1220877.JPG
 この時点では、あまり緻密なワイヤーフレームは必要無く。
 もっと小さな絵で、ユーザーのやりたい事に沿ったUXフローを描いてもらいたい。
P1220883.JPG
 楽天坂田さんが書いたストーリーボード。
 授業でやっているのとは全然違うアプローチだ。ww
 これもアトリエ型授業の良い所かも。
 他者の思考を知ることは、自分を客観視することだから。
P1220886.JPG
 おお、さっきのチームはいきなりポストイットの下にワイヤーフレームを貼って検討を始めた。
 まあ、視覚化して議論するのは良いことか。。
P1220888.JPG
 清書できたもの。ここまで大きくなくとも良いが、イメージの共有化ということで分かり易い。
P1220891.JPG
 床に広げて検討中。
 次回はアクティングアウトである。
 ユーザーの文脈的な行動を寸劇で演じ、その横にワイヤーフレームで人工物を表現する。
 簡単な「オズの魔法使い」だ。
P1220896.JPG
 終了後、こんな夜遅くでも飲みに行きたい輩はいるもので、タクシーを飛ばして再び大井町東小路飲食店街に向かう。
P1220895.JPG
 今回初めての人もおり、また盛り上がる。。
P1220893.JPG
 また「まりも」で小一時間飲んで終電で帰宅。
 明日は入試で6時起きだ!

◇コンセプトデザイン方法論アーカイブ
11月05日(土):バリューシナリオ・アクティビティシナリオ
11月11日(金):インタラクションシナリオ
11月18日(金):アクティングアウト
11月19日(土):ストーリーボーディング
posted by アサノ | 00:23 | 大学・大学院 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2082
トラックバック
Search this site