経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2011年12月のイベント(アサノの予定) | TOP | グラグリッドさん来訪 >>
3才児の行動観察
PB220582.JPG
 今期、プロダクトデザイナーの木全賢さんに授業を持ってもらっている。
 子どもの玩具をデザインする講座で、学生達は3才児をペルソナにして制作しているらしいのだが。。
PB220585.JPG
 一度も子どもを見ずにデザインしていると聞いて「これはマズイ!」と、せめて代表者だけ連れて保育園に行動観察にやって来た。
 最初にインフォームドコンセントとして、園長先生や保育士さんに「学術目的であり、映写会1回で消去」することを約束する。
PB220590.JPG
 3才児といってもイメージが湧かないであろうから、まず4〜5才児を見せて比較させる。
PB220578.JPG
 5才児ともなると、来年には小学生になるのでかなり活発だ。
 その後、園長先生にインタビュー。大人の知見も重要。
PB220596.JPG
 続いて3才児のお散歩に同行することに。
PB220598.JPG
 学生からすると「子ども」という記号でしか考えれないのかもしれないが、1才違うだけで雲泥の差がある。
 早生まれと遅生まれの違いですら、はなはだしいのよ。
PB220602.JPG
 教育が行き届いているのか、整然と行進するね。
PB220611.JPG
 公園にやってきました。
PB220620.JPG
 保育士さんの言うことをよく聞く。
PB220627.JPG
 ちょうどお猿が道具を発見した段階か。
 子どもに「遊び」と「仕事」や「生活」の区別は無い。
PB220622.JPG
 木に登るのが楽しいのではなく、先生に降ろしてもらうために登る。w
PB220623.JPG
 木から染み出る樹液を発見。
 「蜜だ、蜜だ。」と大騒ぎ。
 やっぱり言うと思った「先生舐めてみて。」w
PB220632.JPG
 これは「カレーを作っている」ところだそうです。
PB220633.JPG
 こちらもお料理中。
PB220637.JPG
 約1時間半の観察から、学校に戻るぞ。
 「みんな、ありがとね〜。」
PB220640.JPG
 「バイバーィ!」「バイバーィ!」と追ってこられるという感動体験。
PB220643.JPG
 「ジィジィ、バイバーィ!」「ジィジーィ、バイバーィ!」
 「なぬ?」

posted by アサノ | 00:05 | その他の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2092
トラックバック
Search this site