経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2012年3月のイベント(アサノの予定) | TOP | 名古屋→静岡 >>
ナインアワーズに泊る
DSC05662.JPG
 懇親会の後、バーで1杯飲んでフラフラ仏光寺のあたりを歩いてホテルへ。
 途中にある「にこみ鈴や」は、古い理髪店を改造したお店。京都は面白い。
DSC05664.JPG
 「鈴や」の前の綾小路通をずっと寺町通に向かって歩くと、今夜のお宿、「9h(ナインアワーズ)」がある。
DSC05665.JPG
 9hは2009年にオープンしたデザイナーズ・カプセルホテル。
 娘のアメリカ人の友人たちも「日本に行ったらカプセルホテルに泊まりたい。」と異口同音に言うそうだ。
 この9hが紹介されたからだろう。他のカプセルホテルは、こんなにかっこ良くはないのに。。
DSC05670.JPG
 このホテルはプロダクトデザイナーの柴田文江さんの設計で、サイン&グラフィックデザインに廣村正彰さんという豪華コンビ。
DSC05671.JPG
 1階でチェックインを済ますと9階のロッカールームに荷物を置いてシャワーを浴び、男子専用階の8・7・6階に向かう。
DSC05673.JPG
 男子専用階に到着。エレベーターも男女別々。
DSC05666.JPG
 これがカプセル。
DSC05667.JPG
 私は閉所恐怖症なので、速攻で眠剤投入。ぐ〜
DSC05668.JPG
 この9hの最大の魅力は、観光地京都にあって他のホテルが満杯でも必ず泊まれること。
 今夜も、土曜日の休前日ということで定宿を追い出されて、ここで1泊するのだが。
 カプセルはガラガラだ。泊まる人いないのかしら。。
DSC05676.JPG
 しかし廣村正彰さんのサインは好きだけど、これだけあるとうるさい。ww
DSC05675.JPG
 困ったことを挙げると、ロッカーが狭いのでキャリーバックなどを持って来た場合は、必要なものだけ出して1階に預けなくてはならない。
 私のように小さなキャリーバックに全財産を詰め込んでいる人間には、どうも不便だった。
 飲み過ぎて終電を逃したサラリーマン向けの宿泊施設か。連泊は特にきついと思う。
DSC05677.JPG
 朝は起きたら、のんびりする場所でも無いので、すぐ出立!
 近くに朝早くからやっているカフェは無い。
DSC05679.JPG
 結局地下鉄四条駅の構内にあるクリスピー・クリーム・ドーナッツで朝食。
 急いで名古屋に向かう。

◇2012年冬京都アーカイブ
 1月19日(木):京都の夜 はしご酒
 1月20日(金):京都の朝 古川商店街と祇園
 1月20日(金):京都工芸繊維大学大学院
 1月20日(金):HCD-Netサロンin京都
 1月21日(土):錦小路市場
 1月21日(土):HCDワークショップin京都
 1月21日(土):大衆すし酒場丸福
 1月21日(土):ナインアワーズに泊る
 1月22日(日):名古屋→静岡
posted by アサノ | 00:16 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2179
トラックバック
Search this site