経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2012年度人間中心設計専門家判定会議 | TOP | 病院通い 耳鼻科再診(耳鳴り) >>
TUMI Alpha T-Pass 26516DH 
DSC06412.JPG
 今年も卒業生を送り出し、ちょっと一息。
 自分にご褒美と、TUMIの新しいブリーフケースを買った。
 円高の恩恵で、並行輸入品で定価45150円のものが18800円。
 一昔前と比べたら「男のルイヴィトン」と呼ばれたTUMIも買いやすくなったものだ。
DSC06414.JPG
 私のリモア・キャリーバックの横幅が40cmなので、このTUMI26516は40,5cmでちょうど良い。
 今まで使っていたTUMI96121だとちょっと小さくて収まりが悪かったのだけど。
DSC06416.JPG
 このモデルはチェックポイントフレンドリー(CPF)対応なので、パカッとこのように全開になる。
 これが結構便利なのだ。

 2009年8月16日からアメリカ運輸局(TSA)はチェックポイントフレンドリー(CPF)を導入し、CPFの基準を満たすバッグであれば、航空機搭乗時に、パソコンを取り出さないでセキュリティチェックを通過できるようになった。 TUMIの「T-Pass」シリーズは"チェックポイントフレンドリー"バッグ(コンピューターをケースから取り出さずに手荷物検査を受けることができるデザインのバッグ)の基準を満たすコンピューターケース。 ファスナーを開けるとPC収納スペースがフラットになり、そのまま検査を受けることができる。

posted by アサノ | 00:20 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site