経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 珍しく茅ヶ崎に来た | TOP | 2012年3月のイベント(アサノの記録) >>
多摩美術大学「サービスデザイン2011」プレゼンテーション


 3月22日(金)。川崎で高校の評議委員会終了後、慌てて銀座までやってきた。

 アップルストア銀座で行われる「多摩美術大学「サービスデザイン2011」プレゼンテーション」を見るためだ。

 多摩美情報デザインコースの吉橋先生が以前から3年生の授業として取り組まれているもので。
 八王子には授業報告会を2回見に行ったことがあるのですが、今回初めて銀座での開催で大助かり。
 流石銀座ともなると集客が良く、オーディエンスは多士彩々な顔ぶれが揃っていました。
 
 最近は「サービスデザイン」という領域が注目されています。
 解釈はいろいろあり、またそのアプローチも様々。
 学生さんの作品は撮影不可だったので、コメントしずらいのですが。
 美大らしい素晴らしいアウトプットの完成度と、もう少しユーザーの行動観察から見つけた問題に着目して欲しかったかなという感想。

 ※Togetter:多摩美術大学「サービスデザイン2011」プレゼンテーション
 ※私が2011年度行ったサービスデザイン系の授業:http://idc2008.exblog.jp/
 自分の授業を振り返っても、サービスデザインと言うとコミュニケーションをスマートフォンで実装するみたいな所に着地する学生が多いのだが、美大生は一味違うという感じでした。
 こういう学びを経験した人材が、大勢社会に輩出されることを期待致します。

 終了後、銀座ライオンのビヤホールに吉橋先生と学生さんや日本ウェブ協会森川理事長、イマジカデジタルスケープの中惠さん、札幌市立大の福田先生などと行く。

 学生時代はよく来た銀座のビアホールであるが、久しぶりに来た。生ビールが美味い!
 しかし、札幌から着いたばかりの札幌市立大福田先生をビアホールに連れてくるのは、まずかったかしら。ww

◇サービスデザイン2011 公式ブログ:成果報告会inアップルストア銀座
◇togetter:多摩美「サービスデザイン2011」プレゼンテーション(2012.3.22)

posted by アサノ | 00:06 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2221
トラックバック
Search this site