経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 第9回新横浜ユーザビリティ研究会開催致しました | TOP | 今月の名古屋めし 2012年4月 >>
HCD-Netセミナーin名古屋2012 第1回 スパゲッティ・キャンチレバー

DSC06527.JPG
 GW初日の4月29日(土)名古屋で開催されたHCD-Netセミナーin名古屋2012第1回に講師として参加。
DSC06436.JPG
 人手不足のため、名古屋の中田さん、山田さん、山田さんの後輩でUX Kyotoの元山さんらにお手伝いしてもらう。

 トライデントの河口先生は指導も手伝ってもらっています。
DSC06443.JPG
 最初は愛知工業大学の小林先生の「HCD概論」。

 続いて私のワークショップ「スパゲッティ・キャンチレバー」。スタンフォード大学のブートキャンプネタです。
 20本のスパゲッティをセロテープとタコ糸2mで、いかに机から水平方向に床につかず伸ばせるかを競います。
DSC06445.JPG
 おお、神戸の水本さんも参加。

 今回は部屋が狭いのと、時間が無いので2名一組のところを3名でやってもらいました。
DSC06451.JPG
 金沢のいちがみさんも参加。名古屋はいろいろな所から来易いのでしょうか。
DSC06460.JPG
 設計図は描かないで、口頭だけのコミュニケーションで進める。
DSC06487.JPG
 この人達は制限時間30分の間、ずっと机の上で緻密な作業をして、最後に机に装着。
 典型的なウォーターフォールモデルだ。w
DSC06489.JPG
 ただいま計測中。測っているのは「全国なぜかいる人」のIA平野氏。全然スタッフでも参加者でもありません。ww しかし、なぜかいる。。
DSC06492.JPG
 第1回目の計測で最優秀だったチーム。1mを超えました。
 DSC06496.JPG
 リフレクションタイム。自分達より長く伸びたチームを見学し、なぜ上手く出来たかを聞く。
DSC06498.JPG
 また、失敗したチームも見学。ww
 やはり、ウォーターフォールモデルでは無く、細かい失敗を繰り返すアジャイルスタイルの方が良いようです。
DSC06506.JPG
 2回目スタート!
 各チーム、新たな設計コンセプトで再挑戦。
DSC06509.JPG
 同じ部屋の中の他のチームの思考プロセスを共有出来る学び方を「アトリエ型授業」と言います。
 こういうデザインワークショップじゃないとなかなか経験できない。
DSC06525.JPG
 狭い会場が熱気ムンムン。

 この課題のポイント
 ・作業とリフレクションの繰り返しがアイディアを生む
 ・最初のコンセプトを捨てる勇気
 ・語るよりも手作業がコミュニケーションを生む
DSC06536.JPG
 おお、このチームはスパゲッティ自体を補強する手で来たか。。
DSC06543.JPG
 凄く好調だったチームが、時間終了間際にポッキリ・・・・。笑うしかない
DSC06547.JPG
 こちらの方々が最優秀チーム。
 左が1回目と2回目の差が一番大きかったチームで、右が一番長く伸ばしたチーム。
 賞品はもちろんスパゲッティ。(実は買い過ぎた)

※尚、スパゲッティ・キャンチレバー界隈(そんなのあるんか?)では、優秀作品の写真は公開しないという不文律があります。
 一回見ちゃうと、もうこのワークショップ面白くなくなっちゃうからね。ww 内緒!
DSC06550.JPG
 最後は私の講義で「HCDにおける視覚化手法について」。
 面白かった、ありがとうございました。

 終了後は近くの「天狗」で懇親会。
 ここで話す話が大切なのだ。

 2次会は相変わらず矢場町の「味仙」。これは頼み過ぎだろ。。

 テシくんとウメちゃん「台湾ラーメン」完食中。

◇名古屋の山田さんのブログ:HCD-Net セミナーin 名古屋 2012(第1回)に参加して
◇名古屋の牧田さんのブログ:HCD-Netセミナーin名古屋2012 (第1回) に参加しました
◇名古屋の佐藤さんのブログ:HCD-Netセミナーin名古屋2012(第1回)
◇金沢から来られたいちがみさんのブログ:HCD-Netセミナーin名古屋2012(第1回) 参加レポート

◇これは応用編だね:YCAM WORKSHOPS レポートその1「パスタ建築」

◇HCD-Netセミナーin名古屋 2012 アーカイブ
第1回4月29日:スパゲッティ・キャンチレバー
第2回5月26日:カップ焼きそばオブザベーション
第3回6月30日:ストーリーテリング
第4回7月14日:インフォメーションアーキテクチャ

posted by アサノ | 00:20 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2254
トラックバック
Search this site