経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 再生芸術としての磯野家の人々 | TOP | 居酒屋 天国(横須賀) >>
ボヤージュグループ HCDワークショップ 第5回 ペルソナ/シナリオ法(半構造化インタビュー)
P1250113.JPG
 ボヤージュグループの社内セミナー、久しぶりに5回目開講。
P1250123.JPG
 これより3回に渡ってペルソナ/シナリオ法を学びます。
 本日は約1時間弱の講義と3時間のワークショップ。
P1250130.JPG
 今回も2名の学生が参加させていただいています。
 男子学生はフカイくん。
P1250133.JPG
 左側にいるのは女子学生のイシバシさん。
P1250137.JPG
 まずは半構造化インタビュー。
 対象サービスを触ってもらいながら、質問を行う。
P1250141.JPG
 ヒュー・ベイヤーとカレン・ホルツブラットの「師匠と弟子モデル」だ。
 根掘り葉掘り聴いて、なぜそのサービスを使うのか、何をゴールにしているのか、そのサービスを選んだ好みとかを構造化して行く。
P1250145.JPG
 インタビューが終わったら、聴きだした様々な事象をカードに書きだす。
P1250146.JPG
 おお、いつもながらこの人は凄い!
P1250147.JPG
 カードには単語では無く、読めば情景が浮かんでくるように詳しく書く。
P1250152.JPG
 このオノダさんのカードソートがかっこよかった。
 細かい作業をしていたかと思うと、全体を見渡すためにスッと体をホワイトボードから離したりという動作が淀み無く流れるように、まるで熟練したクライマーのようだった。
 そういう身体性って凄く大切だと思う。
P1250159.JPG
 どんどん書きだす。
 インタビューが良ければカードも多い。
P1250163.JPG
 カードの前でブレスト。これが効率が良く、議論が活発になる。
P1250165.JPG
 事象から行為目標へラダーアップ。
 ラダーリング。今回はラダーアップ。
P1250171.JPG
 この会場はホワイトボードが沢山あってワークショップがやり易い。
P1250176.JPG
 カオニャさん流石に慣れてる。
P1250186.JPG
 ユーザーの本質的要求価値まで辿り着いたら終了。
 これが次回のシナリオのネタになります。
P1250179.JPG
 それと並行しつつ、ペルソナのプロフィールを制作。
P1250180.JPG
 ここまでやったら、次回までにペルソナをPCで清書して来て、カードソートの結果からシナリオを書く。 
 なので、次回は「構造化シナリオ法」。乞うご期待!
P1250191.JPG
 終了後、渋谷のUX酒場で有名な「げんてん」で、卒業生たちと卒業式以来の再会。
 昨年合宿で行った台湾にまた行きたいというので、夏休みに計画することにした。
 台北と国立雲林大のある斗六に3〜4日ぐらいの予定か。一緒に行きたい人がいればどうぞ。w
P1250193.JPG
 ここは本当に食べ物が美味しいし安い!
P1250195.JPG
 セミナーのスタッフさんや関係無い人も集まり始め。。
 金曜の夜ということもあり、かなり飲んだ。
P1250196.JPG
 つい先日20才になったフカイくんも、ほんの少しだけ御相伴。
 彼もWS=飲み会の魔力に憑りつかれるのだろうか。。

◇2012年ボヤージュグループ HCDワークショップ アーカイブ
2月10日(金)第1回:HCD概論
2月24日(金)第2回:オブザベーションWS
3月09日(金)第3回:ユーザー評価(観察法)
3月16日(金)第4回:ユーザー評価(NE比解析)
5月11日(金)第5回:ペルソナ/シナリオ法(半構造化インタビュー)
5月25日(金)第6回:構造化シナリオ法 予定
6月08日(金)第7回:ペーパープロトタイピング 予定
posted by アサノ | 00:12 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2270
トラックバック
Search this site