経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< DANNER(ダナー) POSTMAN SHOES2 | TOP | キャンプ論 あたらしいフィールドワーク 加藤文俊 >>
2012年度 こども行動観察ラボ 第3回
DSCF5812.JPG
 今日で3回目。テーマは:今欲しいモノを作ろう!
 「欲しいモノなに?」と聞いたら「ハート」と答えた女の子がいた。女はいくつでも女なのだな。。
DSCF5788.JPG
 学生達とラポールが形成されてきたのか、お互いの歩み寄りが見える。
 「先生」ではなく「ナナちゃん」とか。作ったものを見せにくるとか、手伝って貰いたがるとか、甘えが始まった。
DSCF5799.JPG
 テーブルごとにモチーフが似通い、子どもが他のテーブルへ移動することによりモチーフの伝達が行われる。
DSCF5815.JPG
 おお、これはかなり高等技術だ。
DSCF5826.JPG
 粘土をポロポロにして乾かす。その後「先生硬くなっちゃった。」と持って来る。
 完全にテーマを忘れとるぞ男子諸君。
IMG_2119.JPG
 粘土を伸ばすことを覚えた。
IMG_2130.JPG
 先週から作り続けている「蛇の巣」。
 シラバスで切り分けられた授業の日程なんか彼らには関係が無い。
 毎日粘土を与えても、ひたすら蛇の巣を作り続けるかもしれない。
 私子どもの頃そうでした。
IMG_2134.JPG
 これはね「海底」。藻がゆらゆらしているの。
DSCF5837.JPG
 アメリカの牧師・教育者ウィリアム・アーサー・ウォードの名言
 The mediocre teacher tells.
 The good teacher explains.
 The superior teacher demonstrates.
 The great teacher inspires.

 凡庸な教師は指示をする。
 良い教師は説明をする。
 優れた教師は範となる。
 偉大な教師は内なる心に火をつける。(おお、着いてるついてる。ww)
DSCF5838.JPG
 粘土ぽろぽろ。
DSCF5875.JPG
 ピノキオと鼻。
DSCF5876.JPG
 ろくろを回す子。将来はWebクリエーターか。
DSCF5911.JPG
 今日の片付けはとても上出来。
 来週は1回お休みで、6月4日(月)から絵を描きます。
 学生達は、子ども達の学びの過程をリアルタイムドキュメンテーションする予定。

◇2012年度こども行動観察ラボ・アーカイブ
第00回05月01日:アトリエ準備
第01回05月07日:粘土に慣れる
第03回05月21日:欲しいモノを作る
第04回06月04日:クシャクシャ動物
第05回06月11日:みんなの街(個人制作)
第06回06月25日:みんなの街(共同制作)
posted by アサノ | 00:13 | 保育の授業 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
年長の担任(クラスでお話しさせていただいた瀧澤)がこの記事を読ませていただいて粘土が使いたくなってきた・・と。
それにしてもうらやましい広くてきれいな環境です。
ぜひ伺いたい。
2012/06/03 16:26 by MASAMI MAKIMURA
おお、瀧澤先生もありがとうございます。
是非遊びに来てください。
2012/06/03 18:22 by アサノ
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site