経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 東京中心部巡り | TOP | 怪しい路地好き(東京山手成城・祖師谷) >>
第3回Unlaboratory #プチ学会 参加してきました

DSC07167.JPG
 6月2日(土)成城学園前駅にやってきました。
DSC07165.JPG
 ここが全国に33店舗ある「成城石井」の創業の地本店です。
DSC07175.JPG
 成城学園の街は、開発時に住民の合意で高い塀をやめて生垣にして、交差点は角をカットして見晴らしを良くし。
 また大学があるにも関わらず、居酒屋、パチンコ屋、マージャン店などの出店を極力抑えて、とても落ち着いた街作りを行ったのである。
DSC07178.JPG
 私もこどもの頃からこの街の小学校に通っていたのだが、今から考えると随分と幸せな環境だったと思う。
 中学の部活でランニングさせられた時は、地獄にしか見えなかったが。w
 それにしても緑が濃いね〜。
DSC07179.JPG
 成城は、田園調布と高級住宅街の代名詞としてもて囃されるが、実業家も多いが学者や芸術家も多く、意外と庶民的な街でもある。
DSC07184.JPG
 おお、ここだここだ。
 今日の目的地に到着。
DSC07221.JPG
 成城ナーサリィ・スクールという幼稚園です。
DSC07185.JPG
 東大中原研の舘野さんという院生の方が主催する「Unlaboratory #プチ学会」に参加しに来たのだ。
DSC07187.JPG
 ではスタート!
DSC07188.JPG
 あれれ、後ろにこどもが。。
DSC07191.JPG
 そうなんです、Unlaboratory といって研究室から出て、プチ学会どこでも行っていろいろな人の話を聞く会なのです。
DSC07194.JPG
 まずはアイスブレイクのインプロから。
DSC07198.JPG
 以前上平先生に習っておいて良かった。
 知っている人が誰もいないアウェーな中で、積極的に参加する術になったみたい。
DSC07199.JPG
 体を動かす事が出来ない場合は、指でやることも出来るんだそうです。なるほど
DSC07201.JPG
 プチ学会ですから発表があります。自分でセッションの時間帯や部屋を選べる。Foo Camp方式
 折角来たのだから、私も何か話ちゃおう!
DSC07202.JPG
 ベネッセの坂本さんの発表。
DSC07203.JPG
 一人30分の持ち時間は、学会よりも長くてありがたい。
 オーディエンスも近くにいるので、質疑応答も活発。
DSC07204.JPG
 本当にそうだ!
DSC07208.JPG
 子どもに自由に表現させたいと思っている親はたくさんいる。需要はあるが、供給が少ない。(中村伊知哉)。
 分かるな〜。
DSC07209.JPG
 次は私の発表。
 子どもにモノを作らせるのでは無く、経験の記述をさせることが将来的に社会人としての創造性や教養に繋がるという話。
 つかみとして、最初にミニ・ワークショップから。w 
DSC07211.JPG
 2セッション終わったらコーヒーブレイク。
DSC07212.JPG
 カップに名前を書くのはワークショップのノウハウですね。マネしよう
DSC07213.JPG
 立教の学生さん達がワークショップしてくれた、CD-ROMとフィルムケースで出来たフォバークラフト。
DSC07215.JPG
 よよよ、本当に滑るように動く。w
成城ナーサリィ・スクールオフィシャルサイトより
 実はこの後は、セッションに参加せず、この園の園長先生や先生方と話込んでしまった。
 成城ナーサリィ・スクールオフィシャルサイト:http://homepage3.nifty.com/seijons/
 この幼稚園の美術教育はは凄いよ。
 ピンボールみたいなゲーム板を作っていたのを見せてもらったのだが「夜遅くにお仕事から帰ってきたお父さんがビールを飲みながら手にとって遊んでくれるように。」と経験をデザインさせているのだ。
 また4日間一緒に過ごしたカメの思い出を描いたり、東北大震災で被災した現地の幼稚園に送るものを考えたり。全て経験を作る仕組みなのである。
 しかも先生方は幼児教育の専門的な勉強をしてきた方だけではなく、かえってそれが豊富な実践と学際的な知恵へと昇華されているような印象を受けた。
 園長先生も大変魅力的な方で、ここまで地に足がついた地味だけれども素晴らしい活動をされている方に最近会ったことが無い。
 今回のUnlaboratory #プチ学会には特に大した動機も無く来たのですが、人間何でも良いから行動しなくては新しい素晴らしいものに出会う事は出来ないのだなと実感した次第。。
 この子達が卒園する時の目を見て下さい。これが教育成果というものだと思います。
 自分が随分と薄っぺらな人間教育をしていると大反省。
DSC07216.JPG
 話に夢中になっていたら、早くもクロージング。
DSC07217.JPG
 楽しかったな〜。
DSC07219.JPG
 最後はスタッフの牧村真帆さんの発表で幕。
 この人は建築家ら教育方面に興味が移った人らしい。
DSC07220.JPG
 いやはや、早くリフレクションしなくてはと思いつつ、懇親会には参加せず帰路につく。
 ここにはまたお話を聞きに来る予感。。
 主催の舘野さんスタッフのみなさん、成城ナーサリィースクールの園長先生スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。
 自分の日常や考え方生き方まで見直す機会を与えていただきました。感謝に堪えません。

posted by アサノ | 00:20 | セミナー・ワークショップ関連 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
昨日はありがとうございました。
楽しいと思うこと、したいと思うことにしたがっていて、気がついたらここにいた
という毎日です。
様々な人との出会いに刺激さえる日々に感謝しています。
2012/06/03 16:23 by 牧村雅美
自分が面白いと思う事をするというのが大切ですよね。
以前に自分がやったことが権威になって自分を縛ってしまうことがよくあるので気をつけなくてはいけないと思いました。
2012/06/03 18:20 by アサノ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2286
トラックバック
Search this site