経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Mac Book Pro Retinaが我が家にやってきた | TOP | 2012年 こども行動観察ラボ 第8回 コンテストに出品 >>
2012年 こども行動観察ラボ 第7回 粘土をタコ糸で切る
 夏休み前の最後の講習。
 粘土なのですが、初めて道具を使ってみます。
IMG_2338.JPG
 ヘラはまだ危ないので、割り箸とタコ糸で、陶芸でいうところのタタラの切り糸を使います。
 私のお手製ね。
 指に絡んだり、割り箸を粘土に突き刺してこじると折れて危ないので注意しましょう。
IMG_2346.JPG
 とはいえ、初めて道具を使うと、歩いていた人が自転車に乗ったような自己拡大感を味わう事が出来る。
 この先一生それと向き合って行くわけだ。
IMG_2351.JPG
 道具は二人に1個。動くと切りにくいので、パートナーが押さえてあげる。
 協調的な学びという概念。
IMG_2357.JPG
 この子はコツをつかむのが早い。
 スパスパと切っちゃった。
 薄く切った粘土で、次に考えるのは丸めてまた切ると、思っていなかった形になること。
IMG_2361.JPG
 こちらは、切ったものを束ねて更に細かくしてみる。
IMG_2367.JPG
 薄い粘土板を加工してパン屋さんを開店しました。
IMG_2383.JPG
 女の子の方が、現象でものを作ることが多い。
 最近文字を覚えた子が「あさのせんせい」と書いてくれた。w
IMG_2403.JPG
 細切れにしたことで、つなげて大きなな空間を作ることに気がつく。
 昨年もそうだったが、たかが道具ひとつで人間の思考はとてつもなく広がって行く。
IMG_2406.JPG
 終わったら、ベランダの園庭で日向ぼっこ。
IMG_2408.JPG
 梅雨の隙間の良いお天気。
IMG_2412.JPG
 気持ちいいねぇ〜。
IMG_2414.JPG
 学生のお姉さんたちは、お掃除中。
 気がついてみると、道具を使った時は汚れが少ない。
 それだけ頭を使うというか、動物っぽさから人間の振る舞いに進化するためか。。
IMG_2416.JPG
 みんなが使った粘土も、きちんと練り直してビニール袋に詰め込む。
 講習が1時間なら、準備と後片付けで同じぐらいの時間がかかるものだ。
IMG_2418.JPG
 楽しそうに夏休み中に出て来て、準備をする相談中。
 本当に君たちには頭が下がります。
 夏休み中に採ったデータまとめておきなさい。

◇2012年度こども行動観察ラボ・アーカイブ
第00回05月01日:アトリエ準備
第01回05月07日:粘土に慣れる
第03回05月21日:欲しいモノを作る
第04回06月04日:クシャクシャ動物
第05回06月11日:みんなの街
第06回07月02日:粘土で街を作る
第07回07月09日:粘土をタコ糸で切る
第08回09月03日:未定
第09回09月10日:未定
posted by アサノ | 00:15 | 保育の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site