経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< iPad(第3世代)が我が家にやって来た。 | TOP | UX Kyoto#05 ペルソナ/シナリオ法(構造化シナリオ法) >>
2012年 こども行動観察ラボ 第2保育園第1回 粘土に慣れる
IMG_2565.JPG
 夏休みに入り、お手伝いの学生が居なくなったので、9月までは開店休業の予定だったのだが。
 第2保育園の方から「夏休み中に、お試しを。」ということで、急きょ4才児達と週1回づつやることにした。
IMG_2564.JPG
 今日は初めてなので、特にテーマは設けずに粘土に慣れてもらう。
IMG_2634.JPG
 初めて触るなら、絵を描くより三次元の粘土の方が敷居が低い。
 手伝いの学生がおらず、練るのが面倒臭いので5才児の半分ぐらいの粘土を渡す。w
 それでも、こちらが引くぐらい喜んでおる。
IMG_2635.JPG
 何を作ろうとか、こうやってやるのよとかは絶対に言わない。
 「え〜なに作ってるの?」みたいな感じの文脈質問法で、その子の興味のあることを粘土を媒介にして顕在化して行く。
IMG_2641.JPG
 僕のこと好きらしく「アサノ先生の顔」。。
IMG_2642.JPG
 大人は凸面に気が行くが、子どもは意外と凹に興味を持つ。
 全身を使ってこねる。ww
IMG_2656.JPG
 「これ世界地図みたいでしょ。」
 「おお、ここがアメリカで、ここがアジアだな。」
 「そうだよ、それでここが北海道。」
 「・・・・」
IMG_2660.JPG
 終わったら、ベランダでシャワー。
 おお、こういうの幸せそうだな〜。

◇2012年度こども行動観察ラボ・第2保育園アーカイブ
第01回07月19日:粘土に慣れる
第02回07月26日:
第03回07月31日:
第04回08月09日:
第05回08月22日:

posted by アサノ | 00:11 | 保育の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2333
トラックバック
Search this site