経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2012年 祇園祭りの夜 | TOP | 学生主催 HCDワークショップのお誘い >>
重森三玲の庭を訪ねて
P1260206.JPG
 以前から山崎先生お薦めの重森三玲庭園美術館に行こうと思ったら、月曜祝日で閉まっているそうなので、やむなく東福寺に行くことにした。
 初めて祇園四条から京阪本線に乗る。
 京都から大阪に向かう私鉄は、河原町から出る阪急電鉄だけかと思っていたが、こんな行き方もあるのですね。何んとなく両方の電車の向かう方向が違うような気がするが。。
P1260212.JPG
 京阪に乗ってみれば分かるが、確かに幕末に幕府軍が大阪城から京都に攻めのぼって来るルートなんだなと納得。
P1260214.JPG
 最初に東福寺の小院である霊雲院の九山八海庭を見る。
 ここも重森三玲の造園らしいが、ちょっとちまちまし過ぎ。
P1260218.JPG
 改めて東福寺を目指す。
 深山の趣はあるが、意外と歩かず到着。
P1260222.JPG
 この日の気温は35.1度、真夏か。。
P1260225.JPG
 東福寺は京都五山の一つ。臨済宗の大きな禅寺。
P1260231.JPG
 一番奥にある開山堂周辺は、庭を見ながらのんびり出来る。
P1260229.JPG
 こんな感じで、日がな一日ぼ〜とするのも良いか。
P1260234.JPG
 本堂の方へ戻る。
P1260238.JPG
 秋は紅葉の名所というから、また来てみたい。
P1260256.JPG
 最後は目的地は重森三玲の代表作「方丈八相庭園」だ。
P1260253.JPG
 おお、この人はスケールが大きいほうが良い気がする。
P1260254.JPG
 豪壮な庭園だ。
P1260246.JPG
 空はギラギラしているのに、谷から吹き上げてくる風でとても心地よい。
P1260247.JPG
 私はあまりこの人の市松模様の庭は好きでは無いが。
 どちらかというとイタリアなどの西洋庭園の影響なのか。
P1260248.JPG
 ここが紅葉だったら、さぞかし見事だろうな。
P1260250.JPG
 建物の四方に庭が。
 裏側が一番繊細。
P1260251.JPG
 庭を前にすると、なぜか時間が止まる。
 そして風が涼しい。
P1260252.JPG
 東側の北斗の庭。
P1260259.JPG
 初めて来たけど良かった。
 最近、京都に来ても何も見ずに帰ることが多かったが、たまには目を肥やさなくては。
P1260260.JPG
 お次は、隣駅の伏見稲荷に行こう。


◇2012年UX京都&祇園祭りアーカイブ
7月15日(日):UX Kyoto#05 ペルソナ/シナリオ法(構造化シナリオ法)
7月15日(日):祇園祭りの夜
7月16日(月):重森三玲の庭を訪ねて
7月16日(月):炎天下の京都を歩く
7月16日(月):祇園祭り 宵山
posted by アサノ | 00:10 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site