経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き(富山総曲輪と桜木町) | TOP | 2012年 こども行動観察ラボ 第2保育園第3回 クシャクシャおばけ >>
エクスペリエンス・ビジョン ビジョン提案型デザイン手法
IMG_0638.JPG
 少し時間が経ってしまったが、丸善出版より発刊された「エクスペリエンス・ビジョン(ビジョン提案型デザイン手法)」を執筆者の皆さま、丸善出版の渡邊さんからご献本頂きました。
IMG_0639.JPG
 出るぞ出るぞ言われながら、なかなか出無かった期待の一冊である。
 なぜかというと、私は3年ぐらい前からこのビジョン提案型デザイン手法に着目し、授業ワークショップ産技大の講座でも使ってきたのだ。
IMG_0640.JPG
 この中でも、構造化シナリオ法は、今までのシナリオ法とは違い「バリューシナリオ(価値)」「アクティビティシナリオ(ユーザーの活動)」「インタラクションシナリオ(操作)」に分けて考えるのが素晴らしい。
 この構造化シナリオ法を習う事で、ビジネスニーズも取り込まれ、またコトとモノが書き分けることが容易に出来るようになった。
IMG_0642.JPG
 また、ラダーリングでユーザーの本質的欲求を見つけると、最近のサービスで使われるシーンがほとんど特定出来る。
IMG_0641.JPG
 おお、私が書いたインタビュー手法一覧が出ておる。もうひとつ「フォーカス・グループインタビュー」が欲しかった。ww
IMG_0643.JPG
 執筆者の方々。
 この本はよく読んでみると、ビジョン提案型デザイン手法だけでなく、今最前線で使われている様々なデザイン手法が掲載されているのも魅力だ。
 手法だけではデザインは出来ないが、知っていると知らないとでは、大きな差が出ることも確か。
 最近出た本の中では、ビジネスモデルジェネレーションと合わせて買いだと思う。w
 この出版記念イベントは私も行きます。
   ↓

◇「エクスペリエンス・ビジョン」出版記念シンポジウム・ワークショップ
 ■日 時:2012年8月23日(木)13:30-17:30 (受付は13:00より)
 ■会 場:首都大学東京サテライトキャンパス(秋葉原)
 ■定 員:50名(先着順)
 ■参加費:会員 5,000円 一般 8,000円 学生 5,000円
 ■主 催:日本人間工学会アーゴデザイン部会
 ■共 催:ヒューマンインタフェース学会
 ■協 力:日本デザイン学会サービスイノベーションデザイン部会
 人間中心設計推進機構
 丸善出版株式会社
 ■プログラム:
 13:30〜13:40 開催挨拶 上田義弘
 (アーゴデザイン部会長、富士通デザイン株式会社)
 13:40〜14:55 [1]手法の説明と掲載事例紹介
  (1)「エクスペリエンス・ビジョンとは」  山崎和彦(千葉工業大学)
  (2)掲載事例紹介1 酒井桂(ヤフー株式会社)
  (3)掲載事例紹介2 吉井誠(株式会社アイエスティ)
  (4)掲載事例紹介3 在家加奈子(富士通デザイン株式会社)
 15:10〜17:20 [2]エクスペリエンス・ビジョン実践ワークショップ
  (1)実践ワークショップの概要  早川誠二(株式会社リコー)
  (2)実践ワークショップ  郷健太郎(山梨大学)、柳田宏治(倉敷芸術科学大学)
  (3)発表とディスカッション  高橋克実(株式会社ホロンクリエイト)
 17:20〜17:30 閉会挨拶 上田義弘(アーゴデザイン部会長、富士通デザイン株式会社)

 
posted by アサノ | 00:18 | 情報デザイン 関連図書 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2349
トラックバック
Search this site