経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< エクスペリエンス・ビジョン ビジョン提案型デザイン手法 | TOP | 初めての福井とUX 福井 >>
2012年 こども行動観察ラボ 第2保育園第3回 クシャクシャおばけ
IMG_2777.JPG
 4才児の講習は今回で3回目。
 全員にクラフト紙を配る。
IMG_2785.JPG
 紙をもらったら、いちにのさんでクシャクシャに丸める。
 誰が一番小さく丸められるかな!
IMG_2789.JPG
 手で丸められない子は、足でガシガシ踏む。
IMG_2792.JPG
 よ〜し!
 今度は破れないように広げよう。
IMG_2793.JPG
 ガサゴソガサゴソ
IMG_2801.JPG
 広げたら、「おばけ」か「怪獣」を描いて下さい。
IMG_2805.JPG
 このクラフト紙を丸めて絵を描くねらいは。
 1)最初にクシャクシャにすることによって、身体的なゲーム感覚の導入を行う。
 2)紙が柔らかくなり断面で手を切らないようにする。
 3)絵にマチエールがつくことによって、上手い下手が分かりづらくなり絵を描くことの敷居が低くなる。
 4)凸凹が怪獣などのモチーフに味を与える。
IMG_2819.JPG
 粘土の時は元気だった子が、絵になると急に元気が無くなる。
 そのくらい、絵画というのは3次元の世界を2次元にトランスレーションしなくてはならないので敷居が高いのだ。
 原始人だって、最初は壁画じゃなくて彫刻から作ったでしょ。
IMG_2834.JPG
 「描いたよ〜。」
IMG_2838.JPG
 出来たら寝ちゃった子がいる。
IMG_2839.JPG
 あれれ。。なんだなんだ?
IMG_2842.JPG
 彼らは絵を描いているのでは無くて、紙とクレヨンで遊んでいるだけ。
IMG_2831.JPG
 「センセイもねなよ〜。」
 「おお、ぐ〜」
IMG_2847.JPG
 お昼寝から起きたら、絵具を塗ろう。
IMG_2852.JPG
 保育園じゃこんなに大きな紙に絵具を塗ったことないよね。
IMG_2857.JPG
 おお、きれいだね。
IMG_2859.JPG
 筆の使い方なんて習ったことないも〜ん。
 この子の絵は「牛乳がきらいなオバケ」だそうだ。
 「牛乳を飲むと死んじゃうんだよ。お茶は好き。カルピスもちょっと好き。」
 「オバケが死んだらどうなるの?」
 「ダンゴ虫になるんだよ。」
 「凄いね。。。」
IMG_2860.JPG
 ガシガシ、ベチャベチャ
IMG_2870.JPG
 楽しいなぁ〜。
IMG_2883.JPG
 おお、何をしようとしている??
IMG_2885.JPG
 ベチョ!手形スタンプだ。
IMG_2888.JPG
 そうだよね、彼らは絵を描いているのでは無く、絵具で遊んでいるだけなのだから。
IMG_2899.JPG
 段々絵具を塗る範囲が、クラフト紙から下敷きの新聞紙まで及んできた。ww
 本来なら、大きな板にペンキを塗らせたい。
IMG_2908.JPG
 今日は広報のお姉さんが来ています。
IMG_2910.JPG
 ちょっとビックリしながらパチリ!
 よ〜し、来週仕上げるぞ!!

◇2012年度こども行動観察ラボ・第2保育園アーカイブ
第01回07月19日:粘土に慣れる
第02回07月26日:粘土で遊ぶ
第03回07月31日:クシャクシャおばけ
第04回08月09日:クシャクシャおばけ2
第05回08月22日:

posted by アサノ | 00:11 | 保育の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2351
トラックバック
Search this site