経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き(京都河原町から六角) | TOP | 2012年 こども行動観察ラボ 第9回 デカルコマニー(練習) >>
2012年夏マレー半島の旅 1日目 バンコク到着
P1260310.JPG
 羽田を深夜1時頃出て、8月10日(金)の明け方バンコク・スワンナプーム国際空港に到着。
 以前のドンムアン空港に比べると超近代的。
 香港国際空港とシンガポールのチャンギ国際空港と並ぶ、東南アジアのハブ空港だ。
P1260316.JPG
 空港から市内まではARL(エアポートトレイルリンク)という列車で結ばれている。
 チケットは台湾の地下鉄と同じ、非接触式のコインを使う方式。
P1260327.JPG
 途中でBST(スカイトレイン)という高架式の電車に乗り換える。
P1260325.JPG
 丁度朝の出勤時間のようです。
 最近のアジアの国はどこでもそうだが、スマホ率が非常に高い。
P1260359.JPG
 最後にチャオプラヤー川を船で移動するチャオプラヤー・エクスプレスに乗る。
 おお、よくここまで来れました。w
P1260358.JPG
 電車の中から気がついていたのだが、タイの人は老若男女皆新聞を読んでいる。
 こういう土壌があればスマホの普及も早いだろう。
 それとタブレット率が高かったのも特徴的。
P1260371.JPG
 船を降りて5分も歩けば、欧米人バッグパッカーが目に付きだす。
 まだ朝の8時頃。
P1260377.JPG
 おお、ここが有名な欧米人バックパッカーの聖地カオサン・ストリートか。ww
P1260380.JPG
 バタバタして出てきたので、全く宿の予約もして来なかった。
 とりあえずネットの繋がるところでiPadを使って調べようとマックに入ってみた。
 ・・・なんだこの子らは。朝からマックかい。。旅情を壊すんじゃない。ww
P1260391.JPG
 そういえば、朝飯食ってなかったので、早速屋台にGo!
 腹減った〜。
P1260387.JPG
 ご飯を盛ったお皿に、お惣菜を指差して入れてもらう汁かけ飯。
 この唐辛子の入った辛いタレをかけて食べると美味い!
 おお、タイに来た実感が湧いて来たぞ〜。
P1260407.JPG
 なんだかんだバッグパックを背負ったまま1時間ぐらいカオサンを歩き回って。
 メインストリートよりも、お寺周辺の裏カオサンの方が良さげなのが分かって来た。
 それでは、ゲストハウス1軒ずつ聞いて回るだけ。
 こういう事は足で歩いて、妥協をせずに探し回るのが肝心。
◇「A&Rトラベル」アキオさんのカオサン地図
P1260406.JPG
 ランブトリ通りの角のところになかなか良さげな物件発見。
 「New Siam III Guest House」というらしい。
P1260404.JPG
 1泊90バーツ(約2500円)ぐらいだったと思う。
 長期滞在者にとっては高いかもしれないが、2泊だけなのでよしとする。
 まだ朝の9時頃なんだけど、アーリーチェックインさせてもらうことに。疲れたよ〜。
P1260393.JPG
 なかなか綺麗なお部屋でした。
 テレビ、冷蔵庫、セキュリティボックス(ポイント高し)。
P1260397.JPG
 エアコン付きは絶対条件。w
 必須条件のWiFiは2日間で55バーツ(約150円)取られた。
P1260398.JPG
 トイレもきれいだし、シャワーはホットシャワー。
 どんな熱帯の土地でも、ただの水のシャワーは辛い。
P1260394.JPG
 テラスからはお寺が見渡せて気持ちが良い。
 但し、下の通りにはコピーCDを売る屋台がいて、一日中大音量で音楽をかけている。w
P1260400.JPG
 この宿は総合的には、かなり良い線だと思う。
 バッグパッキングの宿選びは、妥協せずに足で探し回るのが鉄則だと改めて思い知る。
 それで旅が楽しくなったり、つまらなくなったりするから大切だ。
 まずは、昨夜は飛行機の中で全然寝てないので寝ることにします。
 ZZZZZZZ

◇2012年夏マレー半島の旅アーカイブ
0日目:序章
0日目:荷造り
0日目:直前の買い物
1日目:バンコク到着
1日目:チャイナタウンとワット・ポー
1日目:怪しい路地好き(カオサン通り)
2日目:市場好きウィークエンドマーケット
2日目:怪しい路地裏(タニヤ通りとハッポン通り)
3日目:さらばカオサン通り
3日目:国際深夜特急
4日目:マレーシア入国
4日目:ペナン島
4日目:怪しい路地好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:市場好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:世界遺産ジョージタウンで床屋に行く
5日目:普通の観光
5日目:ペナンのゲストハウス(メモ)
5日目:深夜特急の楽園旅社を探す
6日目:1等寝台車でクアラルンプールを目指す
posted by アサノ | 00:17 | 2012年夏 マレー半島の旅 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2370
トラックバック
Search this site