経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2012年 こども行動観察ラボ 第9回 デカルコマニー(練習) | TOP | 2012年夏マレー半島の旅 1日目 怪しい路地好き(カオサン通り) >>
2012年夏マレー半島の旅 1日目 チャイナタウンとワットポー
P1260408.JPG
 昼寝というか朝寝から覚めたら昼過ぎだった。
 起きだしてホテルのすぐ近くの両替屋で換金。
 カオサンでもレートの良い店らしく、空港では5000円しか換えなかったが、ここで2万円換金。
P1260410.JPG
 腹も減ったなと歩き出す。
P1260416.JPG
 朝通らなかった裏道を歩いていたら、ムエタイのジムがあった。
P1260420.JPG
 体験が出来るらしい。ww
P1260426.JPG
 カオサンのメインストリートに出てきた。
P1260424.JPG
 朝とは打って変わって凄い人の波。
P1260430.JPG
 腹減ったので、屋台で焼きそばを食べる。
P1260433.JPG
 卵と海老入り、50バーツ(約130円)。結構美味い!
P1260434.JPG
 タクシーでフアラムポーン駅(バンコク中央駅)に向かう。
 メーター走行で良心的な運転手さんでした。70バーツぐらいで、これが今後の目安になる。ww
P1260438.JPG
 上野駅みたいなフアラムポーン駅に到着。
P1260440.JPG
 汽車の始発駅っていいですよね。
P1260441.JPG
 早速、明後日の汽車の予約に挑戦!
P1260443.JPG
 やっっとのことで、最後の1枚という8月12日14:45発の国際急行の1等寝台をゲット!
 本当に乗ったら最後尾のコンパートメントの上段寝台(下段の方が人気)だった。w
P1260465.JPG
 とりあえず本日のミッション完了!
 何の準備もせずに来たが、全てなんとかなった。ww
P1260470.JPG
 近くにチャイナタウンがあるというので、トゥクトゥクに乗って向かう。
P1260472.JPG
 へ〜ここがチャイナタウン。
P1260473.JPG
 違う国に来たようです。
 私にとっては懐かしい。
P1260477.JPG
 台北の迪化街のような漢方薬の匂いがする。
P1260479.JPG
 屋台の食べ物もちょっと違う。
P1260481.JPG
 路地があったので探検。
P1260485.JPG
 このエリアは靴の問屋街だったらしい。
 おお、ここでもiPad。
P1260487.JPG
 この商品台というのか。。気持ちが悪い。ww
P1260491.JPG
 大混雑の市場の中をベスパで爆走するオヤジ。
P1260497.JPG
 これ何ですか? ザクロ??
P1260498.JPG
 もう短い距離でも暑くて歩く気が起こらん。
 再びトゥクトゥクに飛び乗り近くの「ワットポー」へ向かう。
P1260500.JPG
 トゥクトゥクの運ちゃんは観光客と見ると、凄い値段を吹っかけて来る。
 このくらい大勢で乗れば元は取れるのだが、当方は1名。
 半額に値切り倒して下車、それでもタクシーより高い。
 まあ、100円〜200円のために怒ったり炎天下を歩くのは馬鹿馬鹿しいが、旅行先ではその国の貨幣価値でものを考えるのが鉄則だ。
 昔インドネシアのジョグジャカルタで、通常3円の料金のところを5円と吹っかけて来たリキシャが何台もいて、頭に来て炎天下を30分歩いたことがある。
 我々が高く払えば、彼らはまた外国人はそういうものだと思って卑しくなる。絶対に払ってはいけない。
P1260503.JPG
 ワットポーはタイ最大の寺院の一つ。
P1260505.JPG
 てか、そこしか名前を知らなかったので来ました。。
P1260512.JPG
 歴代の国王のお墓があるそうです。
P1260521.JPG
 いやはや、凄まじい装飾。
 タイは未だかつて植民地になった事もなく、大きな内乱も無い東南アジアでは稀有な国なのだ。
P1260540.JPG
 有名な巨大寝釈迦像。全長49メートル、高さ12メートル
P1260550.JPG
 お釈迦様の足の裏と、壁には地獄絵図のような壁画。
 このカップルのTattooもなかなか。
P1260556.JPG
 壁画修復中。
 こういう作業してる女の人って、どこでも綺麗に見える。
P1260560.JPG
 108の鉢に小銭を入れると煩悩が小銭と共に消えて行く。
 これこれ娘、もうその年で108も煩悩があるのかい?
P1260562.JPG
 王宮の前を通って帰る。
P1260571.JPG
 ピンクの像。
P1260573.JPG
 またもトゥクトゥクに乗るが、真っ当なジイさんでした。
 欧米人は、こんなにバアさんになってもバックパッキングするんだね。素晴らしい
P1260572.JPG
 おお、坊主走るバイクの上で晩ご飯か?
P1260580.JPG
 カオサン通りに帰って来ました。
P1260586.JPG
 カオサン通りから南側を並行に走る路地裏を歩く。
P1260589.JPG
 ここには日本人経営の旅行代理店あり。
 「サワデーアンコールツアー」今度はタイだけ来て、ここからアンコールワットに行ってみようか。
P1260592.JPG
 この路地沿いにはアクセサリー屋さんが多い。
P1260596.JPG 
 さて宿に帰って、夜に備えるか。

◇2012年夏マレー半島の旅アーカイブ
0日目:序章
0日目:荷造り
0日目:直前の買い物
1日目:バンコク到着
1日目:チャイナタウンとワット・ポー
1日目:怪しい路地好き(カオサン通り)
2日目:市場好きウィークエンドマーケット
2日目:怪しい路地裏(タニヤ通りとハッポン通り)
3日目:さらばカオサン通り
3日目:国際深夜特急
4日目:マレーシア入国
4日目:ペナン島
4日目:怪しい路地好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:市場好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:世界遺産ジョージタウンで床屋に行く
5日目:普通の観光
5日目:ペナンのゲストハウス(メモ)
5日目:深夜特急の楽園旅社を探す
6日目:1等寝台車でクアラルンプールを目指す
posted by アサノ | 00:09 | 2012年夏 マレー半島の旅 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2371
トラックバック
Search this site