経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き(大阪十三しょんべん横町) | TOP | 2012年夏マレー半島の旅 4日目 ペナン島 >>
2012年夏マレー半島の旅 4日目 マレーシア入国

P1260781.JPG
 タイとマレーシアの国境の街ハジャイに到着。
P1260779.JPG
 予定より2時間ぐらいの遅れ。ww
 ホームに弁当屋台が沢山出ているのだが、ここで朝ごはんを買わなかったのが後まで祟るとは思いもよらず。。
P1260780.JPG
 ここで降りる人が多い。
 私もハジャイまでしか切符が無いので、切符売り場でマレーシアの終点バタワースまでの切符を買う。
 2等車の自由席で、わずか332バーツ(約900円)。
P1260799.JPG
 出発が7:00って書いてあるけど、もう9時過ぎているから訳が分からない。。
P1260782.JPG
 列車が寝台車を切り離して、ホームが変わっているようで。
 「おいおい!そっちじゃやないぞ〜。」とか言っているらしい。
P1260787.JPG
 隣のホームに1等寝台車を切り離して戻って来た2等車。
P1260809.JPG
 おお、バタワース⇔バンコクと書いてある。
P1260788.JPG
 適当に座ったら。
 隣の席で、バックパッカー初心者の若者が、現地の運び屋達にからかわれていて。
 「お前の隠し財布見せろよ〜。」
 「はい、ここです。へらへら」
 とかやっていて、可哀想だった。。
P1260789.JPG
 他人のトラブルには首は突っ込まず、窓の外でも見てる。
 運び屋が声をかけてきたが、ニッコリ微笑んで無視。
P1260790.JPG
 2等車のトイレ&シャワールーム。
 1等車のよりもヤバイ。w
P1260791.JPG
 2等は共同洗面所。
P1260792.JPG
 車輌スタッフの仮眠ベッド。
P1260803.JPG
 荒地が続く。
P1260793.JPG
 国境の駅パダン・ブサールで一時下車させられる。
P1260794.JPG
 ゾロゾロ。
P1260795.JPG
 タイ側のイミグレーションで出国。
P1260796.JPG
 簡単に出国。
P1260797.JPG
 向こう側はマレーシア側の入国監査。
 荷物も調べずスルーで入国。w
P1260798.JPG
 さっきの席から移動して、バアさんの近くに座る。

 運び屋達が降りて行く。
 タイのハジャイで買い出しをして、国境を越えてマレーシアのアロー・スターまで運ぶ。
 マレーシアはタイより物価が高いので商売になるのだろう。
P1260813.JPG
 昼過ぎにやっと国際列車の終点バタワースに到着。
P1260811.JPG
 タイから来ると、いきなりインド系の人が目に付く。
 別の国に来たという感じ。
P1260814.JPG
 まずは切符売り場で、明日のクアラルンプール行きの夜行寝台の切符を買う。
 写真は、寝台の等級と値段リスト。
P1260816.JPG
 なんとか1等寝台車の下段ベッドをゲット。
 明日の23時発である。
 138リンギット(約3500円)。
P1260817.JPG
 バタワースの駅のすぐ近くからフェリーに乗ってペナン島に渡る。
P1260818.JPG
 このフェリー面白くて、ペナン島に渡るには有料だが、ペナンから出てくるのはタダである。合理的なのか。。
P1260820.JPG
 香港で例えれば、対岸のバタワースが九龍半島で、ペナン島が香港島みたいな関係だ。
 そういえば、昨日の夕方寝台車のルームサービスで食事をして以来20時間近く何も食べて無い。
 ハジャイで慌てて食料を買わなかったのと、車内販売が国境越えで無かったせいだ。
 フェリーの売店で菓子パン買って貪り食った。
 さあ、ペナン島上陸だ。

◇2012年夏マレー半島の旅アーカイブ
0日目:序章
0日目:荷造り
0日目:直前の買い物
1日目:バンコク到着
1日目:チャイナタウンとワット・ポー
1日目:怪しい路地好き(カオサン通り)
2日目:市場好きウィークエンドマーケット
2日目:怪しい路地裏(タニヤ通りとハッポン通り)
3日目:さらばカオサン通り
3日目:国際深夜特急
4日目:マレーシア入国
4日目:ペナン島
4日目:怪しい路地好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:市場好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:世界遺産ジョージタウンで床屋に行く
5日目:普通の観光
5日目:ペナンのゲストハウス(メモ)
5日目:深夜特急の楽園旅社を探す
6日目:1等寝台車でクアラルンプールを目指す

posted by アサノ | 00:12 | 2012年夏 マレー半島の旅 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2386
トラックバック
Search this site