経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2012年夏マレー半島の旅 6日目 1等寝台車でクアラルンプールを目指す | TOP | 中華街山東で水餃子 >>
2012年夏マレー半島の旅 クアラルンプールのチャイナタウン
P1270260.JPG
 まだ薄暗い中をチャイナタウンを目指す。
P1270261.JPG
 おお、お粥か。腹減ったな〜。
P1270262.JPG
 24時間営業のフードコートなのか?
P1270264.JPG
 バッグパッカー宿の並ぶスルタン通りにやって来た。
 「レッドドラゴン・バッグパッカーホステル」元映画館のホステル。ww
P1270265.JPG
 何軒か当たったが、部屋が無かったり、9時まで入れなかったり。。
 ネットカフェで時間をつぶすのも嫌だし、どうするか。
P1270266.JPG
 夜が明けてくる頃に、路上で市場が。。
P1270278.JPG
 エィヤ!で少し高めのホテルにしました。「Swiss inn Kualalumpur」。
 1泊180リンギット(約4600円)。この旅行最高値だ。3ツ星クラスだね。
 でも7時半からチェックインさせてくれたので、実質27時間ぐらい滞在。。
P1270272.JPG
 おお、綺麗な糊のついたシーツ。w
P1270274.JPG
 ちゃんと安定してお湯の出るシャワー。
P1270270.JPG
 痰を吐くな。w
P1270271.JPG
 ドリアン禁止。ww
P1270279.JPG
 軽くひと眠りした後に、お腹が空いたので外に出てみた。
 ホテルのすぐ隣にある「南香飯店」。
P1270280.JPG
 地元民でいっぱい。人気のお店なんですね。
P1270288.JPG
 海南鶏飯が有名らしいが、鶏そばを注文。
P1270292.JPG
 腹が減っていたので、それにチャーシューと鶏のスープで炊いた油飯&鶏のスープ。ww
 麺は平打ち麺だった。うまいうまい。
P1270294.JPG
 向かいのオジサンが食べているのが、このお店の名物海南鶏飯。
P1270295.JPG
 お店は広くてお客はいっぱいなのに、厨房はこれだけ。
 鶏をぶった切って皿に盛るだけだものね。
 非常に効率の良い商売だと思いました。
P1270299.JPG
 食後、チャイナタウンをぶらぶらする。
P1270301.JPG
 チャイナタウンのメインストリート「ブタリン通り」。
P1270304.JPG
 本物か偽物か分からないお店がいっぱい。ww
P1270306.JPG
 タイに比べると欧米人は少ないかな。
P1270307.JPG
 お店をひやかしながら歩く。
P1270308.JPG
 ブタリン通りの北の外れまで来ると、観光客よりは地元の人が多い。
P1270309.JPG
 地元の人も、こういう店で偽物を買うんだ?
 あまりイミテーションという意識は無いのかも。。
P1270420.JPG
 「李霖泰菜市場」怪しげな市場発見!
P1270311.JPG
 「市場萌え」のアサノくんとしては、もうドキドキ。w
P1270312.JPG
 あまり規模の大きい市場では無いようだ。
P1270313.JPG
 肉屋さん。
P1270314.JPG
 魚屋さん。
P1270317.JPG
 鶏肉はよく食べるよね。
P1270318.JPG
 健康そうな野菜。
P1270320.JPG
 市場の出口を出ると。
P1270322.JPG
 ブタリン通りに逆戻り。
P1270323.JPG
 偽ローレックス。ww
P1270325.JPG
 インド人もビックリ!

◇2012年夏マレー半島の旅アーカイブ
0日目:序章
0日目:荷造り
0日目:直前の買い物
1日目:バンコク到着
1日目:チャイナタウンとワット・ポー
1日目:怪しい路地好き(カオサン通り)
2日目:市場好きウィークエンドマーケット
2日目:怪しい路地裏(タニヤ通りとハッポン通り)
3日目:さらばカオサン通り
3日目:国際深夜特急
4日目:マレーシア入国
4日目:ペナン島
4日目:怪しい路地好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:市場好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:世界遺産ジョージタウンで床屋に行く
5日目:普通の観光
5日目:ペナンのゲストハウス(メモ)
5日目:深夜特急の楽園旅社を探す
6日目:1等寝台車でクアラルンプールを目指す
posted by アサノ | 00:07 | 2012年夏 マレー半島の旅 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2406
トラックバック
Search this site