経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< UX静岡 #06ユーザー評価(観察法) | TOP | 今月の静岡めし 2012年11月 >>
2012年夏マレー半島の旅 9日目 リトルインディアの夜

P1270991.JPG
 チャイナタウンからリトルインディアに帰って来た。もう疲れたよ。。

P1270985.JPG
 MRT駅の近くの「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」にやってきた。
P1270986.JPG
 この極彩色の彫刻群は「ゴープラム」というヒンドゥー教のピラミッド型の塔門に施されたものである。
P1270987.JPG
 それにしても見事だ。。
P1270988.JPG
 この寺院は午後は閉まっている時間帯があり、夜に出直すことにした。
P1270989.JPG
 寺院の周りにはお供え物屋さんが並ぶ。
P1270990.JPG
 こちらも極彩色だ。
P1270992.JPG
 近くにはこんなギャラリーも。
IMG_1576.jpg
 夜になって出直して来た。
 異教徒が入って良いのか分からないが、靴を脱いで中に入る。
IMG_1558.jpg
 このアウェー感というか、入っちゃいけない空気がビンビン伝わって来る。w
IMG_1559.jpg
 写真なんか撮ってると、いつかリンチに遭いそうな雰囲気だ。
IMG_1560.jpg
 モウモウと香が焚き込められ、スピーカーからは読経の声が大きく響く。
IMG_1561.jpg
 拝んでいる神の像も極彩色。
IMG_1562.jpg
 まるで「インディージョーンズ魔宮の伝説」の世界である。
IMG_1563.jpg
 生贄を抱くカーリー神。
IMG_1564.jpg
 これを拝むのが凄いね。
IMG_1565.jpg
 ゴープラムが暗闇の中でライトに映える。
IMG_1566.jpg
 暗闇の中に食事をする人達が沢山いて驚く。
 カメラのレンズが明るいからよく見えるけど、本当はかなり暗い中なのだ。
IMG_1567.jpg
 炎と信仰は結びついている。
IMG_1570.jpg
 これだけで催眠状態になりそうだ。
IMG_1571.jpg
 裏をぐるりと回って本殿に戻ってきた。
IMG_1572.jpg
 ムキムキした導師がうようよいる。
IMG_1573.jpg
 この濃さというか、しつこさは日本人には理解出来ないね。
IMG_1574.jpg
 坊主も痩せている方が徳が高そうに見えるし。w
IMG_1577.jpg
 リンチに遭う前に出て来た。
 しかし、良いものを見せて頂きました。
IMG_1578.jpg
 夜店のお供え花輪が美しい。
IMG_1579.jpg
 近くの商店街を通って帰る。
IMG_1581.jpg
 携帯屋はどこも大人気。
IMG_1582.jpg
 タブレットも揃ってます。
IMG_1590.jpg
 晩ごはんは、インド料理のファーストフードに入ってみようか。
IMG_1589.jpg
  メニューの写真を見てセットを選ぶ。
IMG_1586.jpg
 なんだか分からないが、カレーとナンとコーラとデザート。
 別に何にも美味く無いのに、かなり人が入っている。
 これなら「CoCo壱番屋」をインドに持って行けば絶対流行ると思う。
IMG_1588.jpg
 右手で食べるので、手洗いが店内にドカンとある。便利だw
IMG_1593.jpg
 食後ブラブラとリトルインディアを散歩。
IMG_1594.jpg
 夜なのに極彩色だ。
IMG_1595.jpg
 ここでもスマホの啖呵売。w
IMG_1597.jpg
 携帯屋さんが軒を並べる。
 ここでもスマホとタブレットの社会が訪れているのか。
IMG_1600.jpg
 ダンロップストリートまで戻って来て、バーのテラスでビールを飲む。
IMG_1601.jpg
 向かいのお店が怪しいんだけど。。
IMG_1604.jpg
 ということで、怪しげなお店の隣りのバーに移動。
IMG_1615.jpg
 ここのモヒートは、ラムがいっぱいで、少しずつ飲みながらソーダを足す方式。
 京都の「オモイガワ」と同じやり方だ。
 ミントが少ない割には美味い。上の中
IMG_1614.jpg
 外のテーブルで、隣のお店のオネエチャン達を見ながら飲む。
 このモヒートは効く。。
IMG_1619.jpg
 外から見るとこんな感じ。
IMG_1620.jpg
 入ってみたいような、怖いような。。
 最近は捨て身の冒険はしなくなったね。w
IMG_1621.jpg
 海星旅店に帰る途中、バイカーの集まるバーがあった。
IMG_1628.jpg
 やっぱり飲んだ後はラーメンだよね。
IMG_1625.jpg
 「福建蝦麺」。
IMG_1624.jpg
 さあ、これを食ったら帰って寝よう。
 明日の夜はシンガポールともお別れだ。

◇2012年夏マレー半島の旅アーカイブ
0日目:序章
0日目:荷造り
0日目:直前の買い物
1日目:バンコク到着
1日目:チャイナタウンとワット・ポー
1日目:怪しい路地好き(カオサン通り)
2日目:市場好きウィークエンドマーケット
2日目:怪しい路地裏(タニヤ通りとハッポン通り)
3日目:さらばカオサン通り
3日目:国際深夜特急
4日目:マレーシア入国
4日目:ペナン島
4日目:怪しい路地好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:市場好き(ペナン島チャイナタウン)
5日目:世界遺産ジョージタウンで床屋に行く
5日目:普通の観光
5日目:ペナンのゲストハウス(メモ)
5日目:深夜特急の楽園旅社を探す
6日目:1等寝台車でクアラルンプールを目指す

posted by アサノ | 00:08 | 2012年夏 マレー半島の旅 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2437
トラックバック
Search this site