経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2012年秋ISIDC台南 2日目 高鐡で台南に移動 | TOP | 2012年秋ISIDC台南 3日目 ISIDC2012 >>
2012年秋ISIDC台南 2日目 国立成功大学
P1280372.JPG
 ここが今回のISIDC2012 の幹事校「国立成功大学」。
P1280373.JPG
 正門には国父「孫文」の像が。
 ちなみに成功大学の語源は、台湾の国民的英雄「鄭成功」から取ったもの。
 台南には鄭成功の遺跡も多い。
P1280374.JPG
 広いキャンパス。
 古都台南にある、日本でいえば京都大学のような名門校。
P1280375.JPG
 デザイン系の校舎は奥の方にある。
P1280378.JPG
 こちらがデザイン棟前の芝生。
P1280380.JPG
 ここに来たのは2010年以来かな。
P1280379.JPG
 この大きな敷地は、戦前は日本軍の駐屯地だったとか。
P1280400.JPG
 本当に校舎が沢山あって迷ってしまう。
P1280383.JPG
 ここがインダストリアルデザイン棟「大成館」。
P1280386.JPG
 「工業設計学系」「工業設計研究所」
P1280389.JPG
 入口に学生作品が。
P1280390.JPG
 学生さんが挨拶してくれました。
 台南の学生さん達は、基本南方系というかラテン系ノリの良い子が多い。w
P1280391.JPG
 この大成館は、元日本軍の将校集会場。立派に使われています。
P1280392.JPG
 廊下。
P1280399.JPG
 外に出て見る。
P1280393.JPG
 こちらは「芸術中心」。
P1280394.JPG
 日本だと東大とか早稲田並みに古めかしいキャンパスだね。
P1280395.JPG
 昨日まであったワークショップは、ここで行われたのか?

 もらった地図によるとここだな。
P1280396.JPG
 キャンパスをぐるりと回って、本来の会場「ゼンダスィーツ(成大会館)」に向かおう。
P1280397.JPG
 欧米人留学生か?
P1280398.JPG
 この大きな木はなんという木なんだろう?バオバブの木みたいだ。
 後日談:ガジュマルだそうです。沖縄のガジュマルは、もっとねじくれているけど。。
P1280403.JPG
 南洋っぽい並木道。
P1280405.JPG
 生協の美容院があった。
 100元だというから、髪の毛切れば良かった。w
P1280407.JPG
 ピロティのベンチに座って本を読んでいる学生。涼しい風が吹き抜ける。
P1280410.JPG
 私達が泊っているシャングリラは目の前。
P1280411.JPG
 正門近くの横断歩道。
 何のためのストリートファニチャーなのか?
P1280412.JPG
 グラウンドがあると大学らしい。
 昼間は人がいないが、夜は大勢いた。
P1280418.JPG
 成功大学ツアー終了。w
P1280369.JPG
 本会場「ゼンダスィーツ(成大会館)」にやって来た。
IMG_2473.JPG
 レジストレーションを済まそうと思ったら。
IMG_2475.JPG
 「・・・・・。」
 受付に誰もいない。電話くれとは。w
IMG_2476.JPG
 「まずい・・・。」呆然ww
IMG_2478.JPG
 相手もラテン気質なのだから、我らもめしを食いに行こう。
IMG_2465.JPG
 成功大の道路を隔てた側にある食堂街。
IMG_2466.JPG
 いかにも学生街の活気に溢れている。
IMG_2467.JPG
 こういう大学で4年間過ごすのも悪くないと思う。w
IMG_2468.JPG
 食べ物はみんな安い!
IMG_2494.JPG
 まあ、我らは観光客なので旧市街の方にタクシーで移動。
 「赤崁擔仔麺」に来た。
IMG_2482.JPG
 「滷味(ルーウェイ」でビールを飲みつつ。
IMG_2489.JPG
 「擔仔麺」。
IMG_2481.JPG
 「肉臊飯」。
IMG_2486.JPG
 モグモグ・パクパク
IMG_2491.JPG
 ひどい!食べてる横から片付け始めた。ww
IMG_2498.JPG
 近くの路地をのぞきながら帰る。
IMG_2499.JPG
 明日は早めに会場に行って、レジストレーションを済まそう。

◇2012年秋ISIDC台南アーカイブ
1日目:台北到着
2日目:高鐡で台南に移動
2日目:国立成功大学
3日目:ISIDC2012
3日目:打ち上げ会
4日目:台北へ戻る
4日目:龍山寺と西門町
5日目:帰国
posted by アサノ | 00:22 | 2012年秋 ISIDC台南 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2445
トラックバック
Search this site