経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2012年秋ISIDC台南 2日目 国立成功大学 | TOP | 2012年秋ISIDC台南 3日目 打ち上げ会 >>
2012年秋ISIDC台南 3日目 ISIDC2012
P1280327.JPG
 10月23日の朝、朝食を食べたらホテルから歩いて5分ぐらいの会場に向かう。
P1280330.JPG
 途中に国立成功大学の正門がある。
P1280331.JPG
 ここがISIDC2012の会場「ゼンダスィーツ(成大会館)」。
P1280332.JPG
 要するに成功大学のカンファレンスを行ったり、ゲストを泊めたりする会館なのだね。
 どうりでネットのホテルリストを探しても載っていないはずだ。
P1280334.JPG
 今朝は無事にレジストレーションを済ます。
 学生の参加費は300ドル。
P1280336.JPG
 自分の発表する会場を確認。
P1280339.JPG
 メイン会場に着いたら、いるのは日本人ばかり。勤勉だね。
 相模女子大学の田中みなみ先生にバッタリ。学生さんと来ていました。
P1280340.JPG
 始まりはじまり。。
P1280341.JPG
 最初のキーノートスピーチは、台湾の史欽泰先生の「Moving toward "innovation Economy" -- Taiwan's challenge」。
P1280342.JPG
 最近の台湾には元気な企業が多い。
P1280343.JPG
 韓国でも台湾でもSmart Cityの概念が重要視されている。
P1280344.JPG
 「スマートメディアサービス」がメディア、コンテンツ、デバイスを消費者と結ぶ。
 あたりまえだが、日本できちんと説明した人を見た事が無かった。
P1280347.JPG
 休憩。だいぶ人が増えて来た。
P1280348.JPG
 そろそろ次のキーノートスピーチ。
P1280352.JPG
 次は我らが日立インターメディックス近藤朗さんです。
 「Approaches of Japanese Business Organization for Service Innovation Design」。
P1280358.JPG
 膨大な日本の事例を使って説明。
 もったいないから、日本でも講演して欲しい。
P1280360.JPG
 キーノートスピーチ中も、人の話を聴いて自分の発表の構成を修正中。
P1280365.JPG
 次回のISIDC2014はマレーシアのボルネオ・クチンだそうだ。
 「もう首狩りはやっていないので、安心して来て下さい。」とか。。
P1280368.JPG
 ランチが出るとは聞いていたので、テーブルにサンドイッチとコーヒーポットを普通に想像していたら。
 まさにお弁当が出た。。
P1280371.JPG
 日本式のお弁当。
P1280381.JPG
 美味しかった。
P1280366.JPG
 ロビーでお弁当を食べる和歌山大山岡先生発見!
P1280367.JPG
 日本の先生方もちらほらと。
P1280430.JPG
 午後は東北工大の堀江先生の発表を聴く。
P1280421.JPG
 「Process of the User Experience Design for a Mobile Application for Tourism」。
 観光客向けのモバイルアプリの研究はデザイン学会でも継続的に発表していますね。
P1280433.JPG
 オーディエンスは若い女性研究者が多い。
P1280436.JPG
 発表者もスタッフも若い女の子が多い。
 これからのアジアはどこも女性優位か。。
P1280438.JPG
 我々のセッションHはサービスデザイン。
 最初は女の子。
P1280439.JPG
 2番手も中国系の人だったが、二人ともスライドがテキストばかりで図や写真が全然無い。
 そういうのって国民性なのか?
P1280440.JPG
 3番手の韓国人は発表者が来ずに、仲間が持ってきたPCでビデオ発表。
 こんなんでいいのか。ww
P1280445.JPG
 4番手は僕らの発表。発表者はカホちゃん。
P1280451.JPG
 カホちゃんの学会育成計画。
 1)学部2年で国際学会見学
 2)学部3年でPacific Rim 6でアートセンターカレッジオブデザインに短期留学
 3)学部4年で卒業研究
 4)修士1年でデザイン学会ポスター発表
 5)修士1年で国際学会共同研究を口頭発表
 6)修士2年で国際学会単著で口頭発表(予定)
P1280456.JPG
 発表は「Method Study of Creaiting Service Innovation Design-Proposing Storyboarding」。
 ここ数年、いろいろなIT系企業の方々と共同研究している「ストーリーボーディング」の話。
P1280462.JPG
 それまで全然質疑応答が静かだったのに、急に質問が飛び交い出す。
P1280485.JPG
 4人のオーディエンスがコメントを譲り合う場面も。w

 「おお、それはいい質問ですね。」
 落ち着いて答えてます。

 おお、近藤さんまで。w
P1280489.JPG
 終了後も韓国の先生にずっとシナリオについて指導を受ける。ww
P1280494.JPG
 我らは呑気に、学会終了後に駆けつけた国立雲林大学の楊先生(右端)と記念撮影。パチリ

◇2012年秋ISIDC台南アーカイブ
1日目:台北到着
2日目:高鐡で台南に移動
2日目:国立成功大学
3日目:ISIDC2012
3日目:打ち上げ会
4日目:台北に戻る
4日目:龍山寺と西門町
5日目:帰国
posted by アサノ | 00:12 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2446
トラックバック
Search this site