経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2012年度 産業技術大学院大学 「人間中心デザイン」履修証明プログラム アクティングアウト | TOP | 生検結果とピロリ菌退治 >>
旧マッケンジー邸(静岡駿河区)

IMG_3699.jpg
 先日のUX静岡の翌日。
 以前から見かった、ヴォリーズ設計の「旧マッケンジー邸」にやってきた。
IMG_3702.jpg
 静岡駅の南口からバスで15分ぐらいか。
 登呂遺跡を過ぎた太平洋に面した海岸沿いにある。
IMG_3703.jpg
 おお、スパニッシュスタイルのお屋敷が。
IMG_3705.jpg
 ◇ヴォリーズを訪ねて:静岡市の旧マッケンジー邸
IMG_3706.jpg
 経年劣化が進んで保存状態は最良とは言い難いが、大事に愛されて公開している雰囲気が漂う。
IMG_3707.jpg
 昔の病院ってこんな感じだったね。
IMG_3722.jpg
 食堂。
IMG_3709.jpg
 私は家の表向きの姿よりも、その使われたシステムに興味がある。
 台所の配膳室。
IMG_3710.jpg
 キッチン。
IMG_3712.jpg
 竣工が1940年(昭和15年)。
 アメリカ製の巨大な冷蔵庫があった。
IMG_3713.jpg
 電気式のオーブンとコンロ。
IMG_3715.jpg
 当時はプロパンガスも無いから、アメリカ製の電気コンロなんですね。
IMG_3717.jpg
 大きなキッチンタイマーか?
IMG_3719.jpg
 台所の横に2階に上がる狭い階段があった。
IMG_3723.jpg
 階段を上がると、お手伝いさんの部屋が。
IMG_3725.jpg
 お手伝い部屋のもスチームヒーターが。
IMG_3731.jpg
 裁縫室というのがあった。
IMG_3726.jpg
 客用寝室のバスルーム。
IMG_3736.jpg
 ブルーの窓枠がいいね!
IMG_3738.jpg
 三階の展望室。
IMG_3734.jpg
 窓の外には駿河湾が広がる。
IMG_3740.jpg
 当主ダンカン・J・マッケンジー氏は静岡のお茶を輸出した方らしい。
IMG_3733.jpg
 ご婦人は、ご主人が亡くなった後も社会福祉に貢献された方とか。
IMG_3742.jpg
 婦人愛用のキャデラック。
 当時のアメリカの豊かさの象徴ですね。
IMG_3751.jpg
 往路はバスで来れたが、帰りはタクシーも捕まらず随分と歩いた。
 30分ぐらい歩いてタクシーが捕まったので、愛ちゃんのオヤジお勧めの静岡IC近くの回転寿司「にぎりの徳兵衛」にやって来た。
IMG_3748.jpg
 人気のお店らしいですね。
IMG_3747.jpg
 結構食べて1500円ぐらい。
IMG_3749.jpg
 タクシーを呼んでもらって静岡駅まで1200円ぐらいだから、交通費の方が高かった。w
 今後マッケンジー邸に行かれる場合は、帰りのバスの時間を調べて行くことをお薦めします。

posted by アサノ | 00:10 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site