経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ワークショップにおけるコツの研究(5)シャーペン禁止 | TOP | UX静岡#08(午後)カスタマージャーニーマップ >>
UX静岡#08(午前)シャドーイング
DSC01063.JPG
 2月9日(土)朝、おはようございます。ここは静岡県庁近く。
DSC01065.JPG
 「静岡県産業経済会館」が会場。
DSC01068.JPG
 おお、あったあった。
01.jpg
 今回のUX静岡はフィールドワークにおける「観察と記述」のワークショップ。
 朝9時からスタートで、夕方17時までの長丁場だ。
DSC01073.JPG
 まずは1時間程度の講義と課題説明。
DSC01079.JPG
 リアルタイム・ドキュメンテーターが付くのもこのUX静岡の特徴。
DSC01077.JPG
 チーム毎にミーティングが終わったら三々五々フィールドにスタートして行く。
DSC01080.JPG
 私も、一つのチームに同行することにした。
DSC01091.JPG
 30代男性と20代の女の子をリードユーザーにしてシャドーイングを行うのが課題。
DSC01092.JPG
 漠然と「フィールドワークして来なさい」というよりは、被験者の後をストーカーのようについて歩きながら適所でインタビューを行うので問題を絞り込めて良い。
DSC01095.JPG
 ちょっとした休憩時間や立ち止まったタイミングで、気になったことを「それはどうしてですか?」と師匠と弟子モデルでインタビューするのがポイント。ww
 リードユーザーには記憶や想像で話をさせず、その振る舞いをした直後に聞くとピュアな答えをする。
DSC01114.JPG
 ここでも、昼食の合間にインタビュー。
DSC01121.JPG
 次は駿府城に行くことになった。
DSC01122.JPG
 駿府城の石垣で休むハト達。見える?
DSC01124.JPG
 気をつけたいのは、リードユーザーと観察者がごっちゃになって相談しながら歩くこと。
DSC01127.JPG
 観察者が「こうなるんじゃない?」とか「こうすると面白い」などとアドバイスしないこと。
 ちょっとした、だけど貴重な振る舞いを見過ごす可能性が生まれる。
DSC01135.JPG
 ここで、他のチームが通るのに出会う。
 ほらほら、ちゃんとリードユーザーと観察者が分業されているかな?
DSC01141.JPG
 このチームの30代男性は「歴史オタク」のエクストリームユーザーだったので、ほとんど思考発話しながら歩いている。ww
DSC01143.JPG
 こういう史跡や説明板は好きらしい。
DSC01149.JPG
 女の子は無視。。
DSC01061.JPG
 県庁の向かいにある静岡市役所。
 ドームが美しい建物です。
DSC01155.JPG
 青葉通りまで来たら「静岡おでんフェア」をやっていた。
DSC01157.JPG
 おお、静岡(しぞ〜か)おでん。美味しそう!
DSC01158.JPG
 ここで休憩かと思いきや。。
DSC01160.JPG
 女はスタスタとケーキ屋さんへ。w
DSC01163.JPG
 1時間ほど前に大きなハンバーグを食べたばかりだ。けど。。
DSC01170.JPG
 ここでもインタビュー。
DSC01178.JPG
 もう、ほとんど男の事は無視で、ケーキに舌鼓。。
DSC01181.JPG
 その店に、また他のチームが入って来た。
DSC01184.JPG
 あ〜食った食った。
 そろそろ会場に戻ろうか。
 午後のカスタマージャーニーマップ編へ続く→

◇UX Shizuokaセミナー2012年アーカイブ
07月28日(土):ペルソナ/シナリオ法
08月25日(土):構造化シナリオ法
09月23日(日):ペーパープロトタイピング
11月03日(土):ユーザー評価(観察法)

◇2013年2月の東海地方
1日目:ビストロ・キャラバン
2日目:UX静岡#08(午前)シャドーイング
2日目:UX静岡#08(午後)カスタマージャーニーマップ
2日目:今月の静岡めし
3日目:UX名古屋#02
4日目:今月の名古屋めし
posted by アサノ | 00:14 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2548
トラックバック
Search this site