経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< おみこし理論 | TOP | キャノンG7 >>
ブレイクスルー2
 ブレイクスルーしたことがある教員の話しです。若い頃にもの凄く頑張って、夜も寝ないで勉強して仕事をして自分の限界を超えた経験を持っています。

 この彼に学科全体のマネージメントを任せたら・・・。

 人間は自分の成功体験とその手法に固執することが良く分かりました。いわゆるメンタルモデルですね。そのために、また全部の仕事を自分に集めて、深夜遅くまで仕事をしています。

 そうすると次のブレイクスルーは無いんだよな。目の前のことしか見えなくなっちゃうから「メタ認知」が出来なくなってしまうのです。限界を超える方法論は常に変化することを知らないといけない。

 こういう成功体験から抜け出せないジレンマって、今日本中のあらゆるところで大なり小なり起きている問題でしょ。自己評価ですけど、僕がブレイクスルーする時は、必ず周りから「アサノ先生がまた遊んでます。」と後ろゆび指されました。慣れちゃうと意外と気にならないんですけどね。
posted by アサノ | 09:28 | 日記 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
力技で、いってしまう私のことを言われているようです。確かに、今までそれで来たからつい・・・。
松下幸之助さんの言葉に、
「働くことは尊いが、その働きにくふうが欲しいのである。創造がほしいのである。額に汗することを称えるのもいいが、額に汗のない涼しい姿も称えるべきであろう。」と言うのがあります。
「アサノ先生がまた遊んでます。」と称えられる。あやかりたいものです。こんなブレイクスルーが、いつになったらできることやら。
2007/02/24 23:39 by かずくん
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site