経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年GW 京都・奈良・大阪の旅 1日目 三条商店街と夜の飲み | TOP | 2013年GW 京都・奈良・大阪の旅 2日目 東大寺散策 >>
2013年GW 京都・奈良・大阪の旅 2日目 奈良興福寺の国宝特別公開
DSC01940.JPG
 2日目は二日酔いで、10時頃まで寝ていて。w
 起きてから近鉄京都線で奈良までやってきた。
 京都と奈良って近いんですね。
DSC01946.JPG
 奈良に来たのは久しぶりだ。
 子どもが小学生ぐらいじゃなかったかな。
DSC01939.JPG
 今回の奈良訪問は興福寺が目当て。
 中金堂の修復工事をやっていますね。
DSC01947.JPG
 平成30年落慶予定とな。
 何千年も残すのですから、じっくりやっていただければと思います。
DSC01944.JPG
 今回はこれですよ。
 南円堂と北円堂の国宝特別公開を見に来たのだ。
DSC01945.JPG
 特に南円堂は通常年に1回しか公開しないのだ。
 両方同時に見られるなんて、私が生きているうちにはもう無いだろう。
DSC01949.JPG
 南円堂。思ったより見学者が少ない。
DSC01950.JPG
 外人が目立つ。
DSC01952.JPG
 国宝三重塔を見降ろす。
 珍しいレイアウトだ。
DSC01954.JPG
 当然のことながら堂内は撮影禁止。
 南円堂の国宝本尊不空羂索観音菩薩像四天王が織りなす小宇宙は圧巻で。久しぶりに完璧な空間を見て腰が抜けた。。
DSC01956.JPG
 続いて北円堂に向かう。
 期待で足がヨタヨタする。ww
DSC01957.JPG
 ここも撮影禁止。
 鎌倉彫刻の頂点の一つ無著と世親の像があるのだが、緊張感で気持ち悪くなった。w
 こちらの平安時代制作の四天王像は、南円堂の鎌倉彫刻の四天王に比べて柔らかいというかアルカイックな感じが美しい。
DSC01958.JPG
 南円堂が重要文化財なのに対して、北円堂は国宝。
 流石に美しい建造物である。
DSC01961.JPG
 どうも観光客は境内で五重塔とかを見て帰るらしい。
 おかげさまで、全然人がいない所でじっくりと南円堂と北円堂を拝観させて頂けました。
DSC01964.JPG
 興福寺のレイアウト。
DSC01966.JPG
 最後は国宝館。
 ここが凄まじくて、美術の教科書に載っているものが全部置いてある感じ。
 奈良に来たら、ここだけ見に来ても良いと思うぐらいだ。
 もう緊張感と興奮、感動でへとへと。。

◇2013年GW 京都・奈良・大阪の旅
 1日目4月26日:島津製作所でWS
 1日目4月26日:三条商店街と夜の飲み
 2日目4月27日:奈良興福寺の国宝特別公開
 2日目4月27日:東大寺散策
 2日目4月27日:一人で晩ごはん 
posted by アサノ | 00:09 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2626
トラックバック
Search this site