経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き(福岡ぎんなん通り) | TOP | UX福岡#09 午後 カスタマージャーニーマップ編 >>
UX福岡#09 午前 フィールドワーク編
DSC02090.JPG
 昨年の12月以来、久しぶりに福岡にやってきた。
 UX福岡ももう9回目だそうだ。
 代表の山本さんの挨拶からスタート。
DSC02091.JPG
 なかなか素敵な会場です。福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センター

 約1時間質的調査に関して講義。

◇講義を聴いてくれた学生さんのブログ
DSC02094.JPG
 その後チームに分かれて貰って、簡単なブリーフィング。

 地方に来ると、こういうフィールドワークをやって貰って観光してます。ww
DSC02097.JPG
 役割分担とコースが決まったらスタート。

 静岡の経験から、体験プロトタイピングをしているユーザー達と観察者がナアナアにならないように注意。
DSC02099.JPG
 名古屋のテシくんは、静岡・名古屋に引き続き参加。
 私の追っかけか?
DSC02103.JPG
 私もひとつのチームに同行します。
DSC02109.JPG
 ICカードを持っていない若者多し。
DSC02141.JPG
 先々週の京都・奈良・大阪でもとても重宝した。
 福岡でもバスや地下鉄・JRもスルーなので本当に助かる。
DSC02114.JPG
 このチームは構成が面白く、案内役が女性でユーザーがおっさんと若者。
 初めて会った同士なので、サービスとのタッチポイントも気になるが3人のラポールの形成が気になる。ww
DSC02115.JPG
 案内役の女性は凄くテキパキしていて、どんどん先に歩いて行く。
 男たちは黙ってついて行くだけ。
 「思考発話してくださいね。」と促すが。。
DSC02116.JPG
 15分待って料亭で豪華昼食を食べることに。
 女性は最初にツアーコースの全体像を説明しないので、ユーザーたちはモデルを形成出来ずに不安になるかも。
DSC02117.JPG
 ・・・・・
DSC02121.JPG
 中に入ってみると、おお!凄い生簀があるぞ。
DSC02125.JPG
 昼定食1300円。
 同行した若者は「よくわからないけど、価値あるんですか?」みたいなことを言う。
 女性は建物・着物の仲居さん・きれいに盛り付けられた料理・友達との会話などの「経験」を買うが。
 男性は「お刺身」とか「天ぷら」というモノを買うのでCPが気になるのだ。ww
 見回すと女性同士のお客さんが多い。
DSC02130.JPG
 辛子明太は食べ放題だが、ご飯はおかわり210円。ww
DSC02133.JPG
 夜来るとお高いそうです。
DSC02136.JPG
 う〜ん、一緒にご飯食べるとラポールが形成され易いのに、まだみたいですね。
 趣味や価値観が違う同士は時間がかかります。
 そのラポール(信頼関係)がツアーを楽しくしたりつまらなくしたりする。
 コンテンツだけではダメで、コンテクストが重要なのだ。頑張れガイド嬢!
DSC02111.JPG
 後から聴いたら、ここを見た時がターニングポイントだったらしい。
 3人とも廃墟マニアだったのか。
 人のツボは分からないものだ。ww
DSC02142.JPG
 続いて博多駅にやってきた。
DSC02149.JPG
 おお!いい眺め。
DSC02155.JPG
 今までおとなしかった男たちがキャッキャ言い出す。
DSC02158.JPG
 男は基本的には子どもなのだ。
DSC02159.JPG
 ほら話しかけ始めた。w
DSC02160.JPG
 ここの「鉄道神社」はよく出来てる。
DSC02161.JPG
 「せんとくん」の籔内佐斗司氏の作品がかわいい。
DSC02166.JPG
 ここは皆大喜び!
DSC02175.JPG
 おお!!ついにラポール形成の瞬間。
 これでユーザーの感情曲線も右肩上がりか?ww


◇5月福岡の旅アーカイブ
 5月11日(土):Future Sync vol.3 参加しました
 5月11日(土):怪しい路地好き(福岡ぎんなん通り)
 5月12日(日):UX福岡#09午前フィールドワーク編
 5月12日(日):UX福岡#09午後カスタマージャーニーマップ編
 5月12日(日):懇親会(博多駅裏)
 5月13日(月):他のコースをトレースしてみた番外編
 総集編:2013年5月の福岡めし

◇フィールドワークWSアーカイブ
2003年2月:UX静岡#08(午前)シャドーイング
2003年3月:箱根でフィールドワーク
posted by アサノ | 00:09 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2642
トラックバック
Search this site