経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 情報デザインのWS編集会議 in 品川(サービスデザイン分科会) | TOP | 懇親会(博多駅裏) >>
2013年 こども行動観察ラボ 第1保育園4才児01回目 粘土1
IMG_4801.JPG
 今期初めての4才児達。
IMG_4807.JPG
 初回は敷居の低い粘土で遊んでもらう。
IMG_4828.JPG
 普通は「何を作ってもいいよ。」と言うと、何を作ったらよいか分からなくてモジモジしたり、人のまねをするものだが。
 全然そんなことは無く、ガンガン自分のイメージで作り始めた。いいぞ!
IMG_4830.JPG
 「かたつむり」いきなり大きく作るのは凄い!
IMG_4841.JPG
 「ゾウ」鼻が長い。。
IMG_4848.JPG
 もう頭の中でどんどんお話しが出来て、自分の空想の世界に入り込んでゆく。
 そこで「凄いね〜、何なのそれは?」と聞くと自分の世界を語り出す。エスノグラフィックインタビューの師匠と弟子モデルである。
 リズ・サンダースのユーザーに模型を作らせてインタビューする方法に似ている。
IMG_4853.JPG
 彼らは作品を作っているのでは無いので、粘土にお腹の型をつけているところ。
 素材の特性を知るために何でもする。ww
IMG_4867.JPG
 初めて粘土を触った4才児なので、今回は45分で終了。
 1年間で60分間の集中が続くようにする予定。
IMG_4885.JPG
 しばしテラスで休憩。
IMG_4888.JPG
 暑いので給水は必須です。
IMG_4897.JPG
 その間に学生たちはお掃除。
 これも1年経つうちに自分で汚したものはきれいにするようになる。
IMG_4901.JPG
 子ども達が帰った後は、使った粘土を学生達が練り直し。
 水粘土はこういう管理が大変なので、普通の保育園では使えないのである。
 学生達、ありがとう!

◇2013年度こども行動観察ラボ・第2保育園4才児アーカイブ
 第01回05月15日:粘土1
 第02回06月12日:粘土2
 第03回07月10日:クシャクシャ動物
posted by アサノ | 00:23 | 保育の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2645
トラックバック
Search this site