経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年HCD-Net教育セミナー・サービスデザイン方法論 第1回エスノグラフィ | TOP | 情報デザインのWS編集会議 in 神保町丸善#09 >>
UX福岡#09 翌日 他のコースをトレースしてみた番外編
DSC02214.JPG
 最終日、飛行機に乗るまでの間に昨日4チーム中3チームが選んだコースをトレースしてみることにした。
DSC02215.JPG
 その前に、唯一独自の路線を突っ走ったCチームが行こうとして日曜休業で涙を飲んだ「サバ屋」さんにやって来た。
DSC02218.JPG
 天神の名前の由来の「水鏡天満宮」の横の路地にあるらしい。
DSC02228.JPG
 おお、ここだここだ。
 さばの一枚焼き「」と言うらしい。
DSC02225.JPG
 開店と同時の11時。
 まだ誰もいません。w
DSC02224.JPG
 おお、神棚がある。いいな〜。
DSC02223.JPG
 出ました、鯖の一枚焼き800円。
 脂がのりすぎていて、私にはきつかった。w
DSC02233.JPG
 キャリーバックは宅急便で送ってしまったので、PCの入ったディパックのみの身軽さ。
 天神から中洲に向かって歩いて来ました。
DSC02234.JPG
 「一蘭」の総本店があった。
DSC02235.JPG
 中洲から川端商店街に入る。
 昨日のチーム達とは逆コースを辿ることになる。
DSC02237.JPG
 博多祇園山笠の展示があった。
DSC02240.JPG
 これは一度は見てみたいな。
DSC02239.JPG
 ここの展示は4分の3のスケールだそうだ。本物はもっと大きいのね。
DSC02250.JPG
 商店街のアーケードを抜け「櫛田神社」にやってきた。
DSC02247.JPG
 ここには本物の博多祇園山笠が。でかい。。
DSC02244.JPG
 巫女さんの袴を緋色にした人は天才だと思う。ww
DSC02252.JPG
 門前の「かろのうろん」。
 この4時間ぐらいの間に「朝食バイキング」「鯖の一枚焼き真」と立て続けに食べているが、食わねばなるまい。
DSC02255.JPG
 店内撮影禁止で「ごぼ天うどん」食べましたが、観光の店だね。もう来ることは無いと思う。
DSC02256.JPG
 更に歩いて「もち吉」の博多本店。
DSC02261.JPG
 隣の「東長寺」へ。
DSC02257.JPG
 なんでも大仏さんがあるという。
DSC02258.JPG
 おお、これだこれだ。
DSC02259.JPG
 撮影禁止なので、皆さんご内聞に。。
DSC02260.JPG
 ざっと、3チームが歩いたコースを逆トレースしてみた。
 感想としては「裏福岡ガイド」ではなく「表の観光コース」だった。
 名所旧跡というのは馬鹿にしたものでは無く、古来から不特定多数の観光客が喜ぶように出来ているキラーコンテンツなのだ。
 なので、そういう場所に案内されるとユーザー毎の振れが少なくデータが取りにくくなる。 

 このスライドは、ユーザーの選び方の話だが、調査対象のサービスのシーンの選び方も同じこと。
 先日、千葉工大の安藤先生から「歯磨きの調査を、歯を磨かない人でやる」という話を聞いたが。何を知りたいかで、調査の対象を考えるのは大切なことだ。
 初めてだと無難な調査対象を選んでしまうが、そこが肝心と心に刻もう。 

◇5月福岡の旅アーカイブ
 5月11日(土):Future Sync vol.3 参加しました
 5月11日(土):怪しい路地好き(福岡ぎんなん通り)
 5月12日(日):UX福岡#09午前フィールドワーク編
 5月12日(日):UX福岡#09午後カスタマージャーニーマップ編
 5月12日(日):懇親会(博多駅裏)
 5月13日(月):他のコースをトレースしてみた番外編
 総集編:2013年5月の福岡めし
posted by アサノ | 00:16 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2646
トラックバック
Search this site