経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 懇親会(博多駅裏) | TOP | UX福岡#09 翌日 他のコースをトレースしてみた番外編 >>
2013年HCD-Net教育セミナー・サービスデザイン方法論 第1回エスノグラフィ
IMG_0375.jpg
 今年度よりHCD-Net教育事業部で企画した全6回連続のセミナーがスタートした。
IMG_0387.jpg
 第1回は千葉工業大学の安藤先生による「エスノグラフィ」の講義とワークショップ。
 朝10時から夕方18時までの長丁場である。
 IMG_0403.jpg
 まずは1時間の「エスノグラフィ」の講義。
 我々が日頃すらっと済ませているところを懇切丁寧に説明してくれた。
 途中「難しすぎるかな?」と言いながらの講義であったが、参加者はエキスパートが多いので、とても良いレベルの講義だったと思う。
IMG_0417.jpg
 全6回の参加者40名とその回ごとの見学者15名の大所帯である。
IMG_0439.jpg
 お昼よりワークショップスタート!
IMG_0449.jpg
 私は別件で会場に残っていたので、フィールドワークを参与観察出来ず。残念!
IMG_0453.jpg
 撮ってきた写真を小型プリンタで出力。
 おお、いったい何台あるんだ安藤研。。
IMG_0477.jpg
 一種のフォトカードソートなのか?
IMG_0481.jpg
 KA法のカードを作成。
IMG_0491.jpg
 私は今まで手を出したことのないKA法。
 これを機会に勉強してみよう。
IMG_0511.jpg
 安藤研の学生さんがビデオ撮影してくれています。
 これは貴重な資料だ。
IMG_0514.jpg
 KA法のカードと写真を組み合わせる。
IMG_0519.jpg
 こんな感じで、出来事とユーザーの心の声を写真で覆う。
 文字の情報量を写真の直感性で和らげるのか。
 写真の撮れなかった事象はイラストで描く。
IMG_0521.jpg
 タイトなスケジュールの中、着々と仕事が進むのは流石社会人。
IMG_0524.jpg
 「むむむむ・・・」
IMG_0525.jpg
 凄い人数です。ww
IMG_0558.jpg
 KJ法でまとめる。 
IMG_0560.jpg
 KJ法のコツはカテゴライズせずにユーザーの欲求を洞察すること。
IMG_0565.jpg
 この時安藤先生に聞いたこと。
 「まとめる時に何らかの不具合があると、前のプロセスの起因する問題が分かるのか?」です。
 結構遡って分かるそうです。
IMG_0566.jpg
 会場はmixiさまのご好意で借りています。
 壁がガルバリウム合板なので、模造紙やポストイットが貼りやすい。
 私はホワイトボードよりも好き。
IMG_0573.jpg
 ぎりぎり漕ぎ着けてプレゼンスタート!
IMG_0574.jpg
 「なるほど、なるほど・・」
IMG_0637.jpg
 最後に安藤先生の総評。
IMG_0639.jpg
 いや〜、長い1日ですが充実していました。
IMG_0656.jpg
 私もセミナーの講師をすることが多いですが、そういう場合は結構主催者の方に上げ膳据え膳で面倒をおかけしています。
 なので、たまには自分が「縁の下の力持ち」にならないといけないと思っている。
 でも今回は、周りの人達が全部やってくれた気がする。ww
IMG_0662.jpg
 いつものUX酒場渋谷「極楽酒場げんてん」で懇親会。
IMG_0667.jpg
 「名物 炙りサバ」美味い!
IMG_0671.jpg
 2次会まで来ました。
 小樽商科大から来た学生さん。全6回参加すると言う。。
IMG_0670.jpg
 最後はモヒート。
 講師の安藤先生、安藤研の学生さん、長い1日お疲れさまでした。
 お手伝いくださいましたmixiのスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

◇関連情報:2013年度HCD-Net教育セミナー「サービスデザイン方法論(全6回)

◇参加者源さんのブログ:サービスデザイン方法論第一回 エスノグラフィ まとめ
posted by アサノ | 00:09 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2652
トラックバック
Search this site