経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年HCD-Net教育セミナー・サービスデザイン方法論 第2回カスタマージャーニーマップ | TOP | 世界遺産 多可能(静岡市紺屋町) >>
J`s Store (横浜伊勢佐木長者町)
IMG_0316.jpg
 6月12日(水)非常勤のチカ先生が「最近タイ料理を習い始めたので、伊勢佐木長者町のディープなお店に行ってみたい。」とおっしゃるのでお連れしました。
IMG_0317.jpg
 18時半ごろ着いたのですが、もう既にお店の入口付近ですっかり出来あがっているタイ人女性。ww
IMG_0318.jpg
 お店の名前は「J`s Store」というのですが、スペル間違ってるし。。
IMG_0321.jpg
 スーパーというか食料品店らしきお店の片隅にテーブルと椅子がある。
IMG_0322.jpg
 ティクアウト用の食材もある。
IMG_0324.jpg
 テーブルの横は、崩れてきそうなぐらい缶詰やビンが並ぶ。
IMG_0319.jpg
 これはお弁当じゃなくて、多分家で鍋に入れて煮るための食材だと思う。
IMG_0323.jpg
 どれどれ、何にするかな。
IMG_0325.jpg
 「エビのハーブ和え」

 ビールは自分で勝手に冷蔵庫から持ってくるスタイル。
 「青いパパイヤと春雨とカニのサラダ」は、一緒に来たフジワラ先生に言わせると「家の熱帯魚の水槽の臭い」とか。w
   これはネイティブ仕様で辛さも半端なく、ギブアップ。w カニなんか、沢ガニをばらしただけみたいな。。
IMG_0337.jpg
 食べている最中も、次々とお弁当を買いに来るタイの人たち。出前のバイクにいちゃんも忙しく出入りしていた。
IMG_0329.jpg
 これは大ヒット!「ブタとライムのサラダ」。家でも作れそう。
IMG_0334.jpg
 「レモングラス味のフライドチキン」
 食べている最中でも買い物客が「ちょっとごめんよ。」みたいな感じで、我らの横から缶詰取ったりする。w
IMG_0338.jpg
 厨房内ではドリアンを剥いて食べてる。
 見ていたら「食べる?」とか言われ辞退。ww
IMG_0342.jpg
 「チキンのトムヤンクンスープ」
 熱いモノを熱く出す、冷たいものを冷たく出すという概念は無いらしい。w
IMG_0344.jpg
 「辛い焼きそば」麺は食料品の中のインスタント麺。
 どの料理も味付けが違って、香菜もいろいろだし美味しいのだけれど、食材がかなりチープ。
IMG_0345.jpg
 「ガパオライス」これ美味かった。
 日本で新鮮に手に入る食材を使ったものは、文句なく美味しいね。
IMG_0348.jpg
 ごちそうさまでした。
 飲んで食って3人で8000円弱。安い!
 「3人で割って。」と言ったら、電卓使わずに奥に行って、戻ってきたら「2500円!」だって。えっ〜!
IMG_0349.jpg
 伊勢佐木長者町の一角はタイの人たちのお店がズラリ。
IMG_0353.jpg
 大抵の店は日本人向けなので、それなりの値段はする。
IMG_0354.jpg
 一軒一軒メニューの値段を見て回ったが。
 「J`s Store」は安いと思う。
IMG_0356.jpg
 もう少し蒸し暑い季節になったらまた来よう。
IMG_0357.jpg
 おお、ビル全部がタイだ。ww
 ちょっと面白い一帯なので、是非来てみることをお奨めします。

posted by アサノ | 00:12 | B級グルメ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2678
トラックバック
Search this site