経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 日本デザイン学会第60回春季研究発表大会 3日目 座長 | TOP | 2013年6月 今月のつくばめし >>
2013年 サービスデザイン演習 #08 カスタマージャーニーマップ
IMG_5269.JPG
 6月25日(火)、今日はシャッフルディスカッションを教える。
IMG_5274.JPG
■シャッフルディスカッション  
1)締め切り時間を決めて、グループ内でコンセプトを大まかに決める。   
2)決めたコンセプトを、グループのメンバー誰もが他人に説明できるように理解する。  3)時間が来たら、グループより1名が他のグループに行き、他のグループから1名を迎え入れる。  
4) 他のグループから来た人間に対して、グループ内の1名が自分達が「やろうとしている事」を説明する。  出来るだけコンセプトシートやスケッチなどを使い、具体的に説明する。  
5)他のグループから来た人間は、その説明に対して質問やアドバイスを行う。   
6)説明をした グループの人間は、質問に対して答えたり、アドバイスに対して反対に質問をする。  
7 )また人間を入れ替えて、同じ事を行う。 注意点としては  
※セッションごとの説明や回答は必ず1名で行う。グループのメンバー全員でワイワイやらず、しっかりと観察に回る。  
※セッションが変わったら、また違うメンバーが1人で説明・回答を行い、他のメンバーは観察する。
8)数セッション(2〜3回)終わったら、チームのメンバーで、もう一度リフレクションする。
IMG_5275.JPG
 乱暴でも良いから、チーム全体でコンセプトを共有して説明できるようにしておく。
IMG_5282.JPG
 2セット終わったら、チームに戻ってリフレクション。
IMG_5283.JPG
 自分で自分の事を話すと、案外非論理的なことを言っていることに気がつくものだ。
IMG_5284.JPG
 そこで修正したカスタマージャーニーマップを説明。
IMG_5286.JPG
 現状のユーザーが困っていることが分かったら、次週から新しいサービスを考える。

◇2013年サービスデザイン演習 アーカイブ
 第1クール
 05月14日(火):#03 HCD概論
 05月21日(火):#04 オブザベーション
 05月28日(火):#05 上位下位関系分析法
 第2クール
 06月18日(火):#07 経験を記述する
 07月02日(火):#09 新しいサービスを考える
posted by アサノ | 00:04 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2694
トラックバック
Search this site