経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 坦々麺 煌力(京都二条城) | TOP | 2013年7月のイベント(アサノの記録) >>
2013年島津製作所 UX/HCD研修 第3回フィールドワークとカスタマージャーニーマップ
DSC03052.JPG
 6月28日(金)、京都に来ています。
 今回は東京に帰省中の息子のマンションに泊めてもらっての滞在。w
DSC03061.JPG
 今回も島津製作所さんにやってきました。
DSC03058.JPG
 3回目ともなると応用問題です。
 「雨の日の傘体験」というテーマで。
 各チーム任意の利用シーンを考えてもらう。
 あまりステロタイプのシーンを考えると、出てくる答えも月並みなものになる。
 エクストリーム過ぎず、タッチポイントのパターンがいくつかあるものが良いと思う。
DSC03070.JPG
 社外には出にくいので、広大な構内で体験プロトタイピング。
DSC03074.JPG
 リードユーザーには「折りたたみ傘」と「普通の長傘」をそれぞれ持ってもらっている。
DSC03076.JPG
 最初は照れながら演じているが、徐々にいつもの体験が呼び起されて来てリアルな振る舞いになってくる。
DSC03081.JPG
 母と子どもの利用シーン。
 演者がどこまで想像できるか。ww
DSC03083.JPG
 何かをする時に傘を置くシーンを演じる。
 案外使っている最中よりも、使わない時のストレスがポイントかも。
DSC03088.JPG
 体験プロトタイピングが終わったら、その場でインタビュー。
DSC03089.JPG
 先日の日本デザイン学会でも未来大の院生がリズ・サンダースの「クリエイティブキット」の話をしていたが、これもそれに近い。
 「なぜ、そうしたのですか?」という問いに行動の背景をかなり饒舌に話してくれる。
DSC03091.JPG
 部屋に戻って来たら、行動を時系列に急いで書き出す。
DSC03093.JPG
 続いてタッチポイントを見つける。
DSC03099.JPG
 この辺りのスピードは速かった。
DSC03104.JPG
 予定よりも1時間近く早くマップが完成しそう。
DSC03105.JPG
 丁度良いので「シャッフルディスカッション」をやってみよう。
DSC03117.JPG
 自分達が見つけたこと、やろうとしていることを他のチームの人間に説明する。
DSC03118.JPG
 今回は3分間で攻守逆転。
 他のチームの人間が質問やアドバイスをする。
DSC03119.JPG
 攻守3分間ずつを2セット行った。
DSC03123.JPG
 その後、チーム内でリフレクション。
DSC03125.JPG
 現在のものに修正を加えて、デザインに入る。
DSC03130.JPG
 デザインはジャンプである。
 どんなものでも論理的な階段を登るだけではデザインは出来ない。
 ある谷間をエィヤ!と飛ばなくてはならない。
 ただし、飛ぶ距離が長すぎると失速する。w
DSC03131.JPG
 ギリギリのところまでは調査と分析で埋めて行き、ジャンプの幅を狭く飛び易くしてあげることが大切だ。
DSC03133.JPG
 古いデザイン感は、長いジャンプを成功させることに意味を持たせたりする。
 そういう考えはグループワークの中では通用しない。
 観察と分析から導き出された洞察の合意形成をしてから飛ぼう。
DSC03134.JPG
 プレゼンスタート!
 今回は難しいぞ。
DSC03137.JPG
 難しくなった途端に笑いをとることにシフトしてはいけない。
 同じ会社の中で、いつも知っている同士でワークショップをするとそういうことが起こる可能性が高い。
DSC03139.JPG
 「傘を使った雨の日を快適にするサービス」の長期利用品質を考えた時に、それで良かったのか?
 利用シーンは、そのプロセスが課題を露わにしたタッチポイントを持っていたのか?
DSC03140.JPG
 応用問題になると、講評も厳しくなる。w
DSC03141.JPG
 課題が見えてきたので、次回のテーマは考え直します。


◇2013年島津製作所 UX/HCD研修
 第1回04月26日:講義とWS
 第2回05月31日:オブザベーションWS
 第3回06月28日:フィールドワークとカスタマージャーニーマップ
 第4回07月26日:内容未定(少し考えます)

◇2013年6月の京都アーカイブ
 6月28日(金):島津製作所UX/HCD研修第3回
 6月29日(土):京都にマンションを借りた 
posted by アサノ | 00:20 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site