経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年HCD-Net教育セミナー・サービスデザイン方法論 第3回発想法 | TOP | ホルモン焼き 夏冬(カトウ)芝大門 >>
2013年 サービスデザイン演習 #10サービスブループリント
IMG_5351.JPG
 7月9日(火)第2クールの最終日。
 先週から考えているサービスを具体化て、サービスブループリントまで持って行きたい。
IMG_5352.JPG
 学生は考えるというのに時間がかかる。w
 スピードには3種類あって。
 1)フィジカルなスピードは訓練すれば早くなるが、いいところ人の倍は速くはならない。
 2)思考のスピードは、立って手を動かすのと座って腕を組んで考えるのだけで3倍違う。
 3)決断のスピードは、今するのと明日の朝まで寝かすのでは500倍違う。

 大抵の場合は、経験の少なさから「決断」出来ないことが多いものだ。
 リスクを考えないで「ギャンブル」するのも若さの特権なのだが。ww
IMG_5362.JPG
 最近、自前のプロッキーを持っているのが素直で可愛い。
IMG_5372.JPG
 締め切り時間を過ぎた瞬間から手が動き出す。マフィーの法則
IMG_5375.JPG
 チャイムが鳴ってからプレゼン。
 全然ブループリントまで辿り着かなかったけど、面白い事に気がついたチーム。
 オートバイの購入サービスなのだが、販売店が初めて来店した顧客のバイク経験やスキル、嗜好を知るシステム。
 う〜ん、あと一押し。ww
IMG_5380.JPG
 こちらのチームは、一人暮らしをするためにマンションを探して家電を購入した経験からの気づき。
 賃貸サービスのサイト上で、提携した家電販売店や価格.comのようなサービスを連携させたシミュレーションサービス。
 これは最後までやってHOME`SかSUUMOに売りに行こう。w

 今回はサービスブループリントまで行かなかったが、受講者達がちょっとだけサービスについて理解してくれたみたいで嬉しい。
 うちの学校にはこういう文化が無いから、ゼロから理解するのは大変だったと思うよ。

◇2013年サービスデザイン演習 アーカイブ
 第1クール
 05月14日(火):#03 HCD概論
 05月21日(火):#04 オブザベーション
 05月28日(火):#05 上位下位関系分析法
 第2クール
 06月18日(火):#07 経験を記述する
 07月02日(火):#09 新しいサービスを考える
 07月09日(火):#10サービスブループリント
posted by アサノ | 00:14 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2713
トラックバック
Search this site