経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 更に精密検査に行く(胆のう専門外来) | TOP | 2013年8月のイベント(アサノの記録) >>
2013年島津製作所 UX/HCD研修 第4回ユーザー評価(観察法)
02.jpg
 7月26日(金)の午前中に京都着。
01.jpg
 烏丸三条で打ち合わせがあり、あまりの暑さに時間まで京都文化博物館で涼む。w
P1290697.JPG
 打ち合わせを終えて、午後より島津製作所さんで4回目の研修。
P1290701.JPG
 前回のカスタマージャーニーマップで、やたらレアケースのシナリオが多かったので。
 今回は矯正の意味で、ユーザー評価とタスクの作成を行う。
P1290702.JPG
 なにしろ評価よりもタスクの作成に重きを置いているので、各チームのでき具合を細かくチェック。
P1290708.JPG
 タスクが出来たら、評価として成り立つかパイロットテストをしてみよう。
P1290712.JPG
 本番スタート!
P1290715.JPG
 今回はタスクの作成に時間を割いているので、NE比までは行わず観察法のみ。
P1290724.JPG
 こういう簡易なテストでも、iPadがあると簡単に再現が出来るので大助かりだ。
P1290725.JPG
 普段自社の製品だとUIの手順が短いためあまりユーザーテストをやらないのだが、Webサイトでやってみるとサービスってタッチポイントが沢山あることが分かる。
P1290726.JPG
 前回出来が悪かった時は、やたら話し声が多かったが、今回は明らかに作業をしています。
 実は考えると言うことは手を動かして作業をすることだ。
 議論だけでは神は降りて来ない。w
P1290730.JPG
 観察結果をざっと分析して発表。
 観察だけでも、結構エラーは見つかるものだ。
P1290733.JPG
 次からはエラーの原因を認知科学的に分析できるといいね。(例:マッピングが悪いからこうなる。)
P1290737.JPG
 終了後は大量のピザでビアバッシュ式懇親会。
P1290738.JPG
 やっと4回目にしてラポールが形成されたようである。w
 懇親会も座ってビールを飲みながら、UIの事やデザインの話に盛り上がる。
 これで前半4回が終了。
 次は10月から1月までの4回です。

◇2013年島津製作所 UX/HCD研修
 第1回04月26日:講義とWS
 第2回05月31日:オブザベーションWS
 第3回06月28日:フィールドワークとカスタマージャーニーマップ
 第4回07月26日:ユーザー評価(観察法)
 第5回10月11日:半構造化インタビュー
 第6回11月01日:構造化シナリオ法
 第7回12月06日:ペーパープロトタイピング

◇2013年7月の京都アーカイブ
posted by アサノ | 00:23 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2734
トラックバック
Search this site