経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年夏 ベトナム親子旅行 3日目ベトナム統一鉄道でフエに向かう | TOP | 大腸内視鏡検査 >>
2013年 こども行動観察ラボ 第2保育園4才児02回目 夏休みの思い出(粘土)
DSCF1392.JPG
 9月4日(水)夏休み明けの最初の授業。
DSCF1442.JPG
 今回で2回目の、第2保育園4才児達だ。
 学生が私の一眼レフを使っているので、私は学校のFUJI X10を使って撮っています。
DSCF1396.JPG
 前回は「粘土に慣れるために自由に作ってもらったが。
 今回は「夏休みの思い出」の視覚化がテーマ。w
DSCF1412.JPG
 各テーブルにいた学生達が「へ〜凄いね、それでどうしたの?」と師匠と弟子モデルのインタビューを行いながら、彼らの体験を引き出して行く。
DSCF1422.JPG
 この子:バアバアの家に行ったら、プラレールがあって遊んだんだよ。
 インタビュアー:じゃ、バアバアは君がいない時には、一人でいっぱい遊んでるんだね。
 この子:そんなわけないじゃん。。
DSCF1425.JPG
 おお!これは何だ?
DSCF1429.JPG
 夏休みに恐竜博みたいなのに行った子が、ジオラマを作り始めた。
DSCF1431.JPG
 夏休みに汽車に乗った女の子。
DSCF1432.JPG
 今までもこういう線路を作った子がいたが、枕木1本増えるたびに旅の思い出がよみがえってくるらしい。ジャーニーだね。
DSCF1435.JPG
 船に乗った子は、甲板の風や汐や機関の匂いは覚えていなくとも、アイスクリームとカキ氷を同時に食べた思い出が残っていた。
 記憶は体験を美化する。
DSCF1433.JPG
 船の横のヒモみたいなものは「エクスプレッソは赤い」と言っていたから、成田エキスプレスのことか。。
DSCF1438.JPG
 インタビュアー:なに作ってるの?
 この子:木だよ。
DSCF1439.JPG
 おお、恐竜の王国がどんどん出来て行く。
 子どもは天才だ!
DSCF1443.JPG
 鼻の下に粘土をつけた女の子。ww
 Fuji X10はなかなか使えるカメラだった。新型のX20が欲しいかも。

◇2013年度こども行動観察ラボ・第2保育園4才児アーカイブ
 第01回06月26日:粘土に慣れる
 第02回09月04日:夏休みの思い出(粘土)
posted by アサノ | 00:14 | 保育の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site