経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年 UX静岡 #05 半構造化インタビューと上位下位関係分析法 | TOP | 2013年9月のイベント(アサノの記録) >>
2013年夏 ベトナム親子旅行 4日目古都フエ
DSC04351.JPG
 8月19日4日目の昼前にフエ駅に到着。
DSC04357.JPG
 炎天下を市内に向かって歩き出す。
DSC04360.JPG
 フエは緑の多い、落ち着いた街だ。
DSC04361.JPG
 京都というよりは奈良っぽい素朴さがある。
DSC04362.JPG
 路上バイク修理屋。
DSC04363.JPG
 中心部に到着。結構歩いたね。
DSC04364.JPG
 まずは、明日のホイアンへの足を確保するためにツアーデスクに寄る。
 フエからは、汽車でダナンまで行き、ホイアンまでバスかタクシーで行くか。
 フエから乗り合いバスに乗って行くか。
 結構面倒くさいのだ。
DSC04369.JPG
 朝ごはんもまだだったので、近くのエアコンの効いたカフェで食事。
 田舎なのか、食べ物が安い。
DSC04370.JPG
 ガソリンスタンドにはバイクがいっぱい。
DSC04449.JPG
 フーン川べりから、リバーサイドビューのホテルを探し。
 高そうなホテルは最初から敬遠して、如何にもボロそうなホテルを選んで、フロントで交渉する。
DSC04374.JPG
 このホテルは、丁度良さそうだったのでフロントに行くと。
 一部屋10US$という。
 最上階のリバーサイドビューの部屋にしろと言ったら、普段は使っていないが15US$でどうかというので部屋を見せて貰って即決!
DSC04379.JPG
 なかなかクラッシックで素敵な部屋だ。
 普段使っていないというのは、下のフロアから部屋を埋めたいからなのだろう。
DSC04380.JPG
 もったいないと思うよ。w
DSC04381.JPG
 窓の外はフーン川がよく見える。
DSC04382.JPG
 なかなかよい景色だ。
 すぐ隣は、フエでもトップクラスのセンチュリー・リバーサイド・フエ
 1泊150〜500US$で同じ景色だ。ww
 エアコンの効きがちょっと悪いけど。w
DSC04383.JPG
 次に行かれた方は、是非こちらのホテルに。w
 WiFiはフロント近くのソファのみ。
DSC04391.JPG
 カホちゃんが体調が悪いというので、ホテルに残して外に出て来た。
DSC04392.JPG
 ホテルから2ブロック離れた辺りがバックパッカー街(フォングラーオ通り)。
 若者の後ろを走る自転車は、もしかしてアオザイ姿じゃないか?
DSC04393.JPG
 のんびりした景色。
 ハンモックのおじさんは、手作りほうき屋さんなのだが。
 売ることと休むことの本末が転倒していることに気がついていない。ww
DSC04394.JPG
 フエ師範大学を覗いてみたら。
DSC04395.JPG
 おお、アオザイのかわいこちゃん達がいっぱいおる。
 中に入って写真を撮りたかったが、守衛さんがいたので自粛。。
 いや〜、本当に美しいアオザイ姿の女の子が沢山いました。w
DSC04398.JPG
 先ほど来たAPTトラベルに再度来た。
DSC04457.JPG
 ホテルが決まったので、朝タクシーにピックアップしてもらう約束に来た。
 カホちゃんの調子も悪いし、ホイアンまでタクシーをチャーターして行くことにしたのだ。
 約3時間のドライブで1,000,000ドン(50US$)を奮発。
 ネットで見たら「ホテルで予約したら75US$だった」と書いてあったので、良心的だと思う。
DSC04400.JPG
 やっと観光するためにフエ城にやってきた。
DSC04399.JPG
 ここで、またトラブル。
DSC04406.JPG
 入口で入場料が書いて無いので、女の子に1万ドン渡したら「5千足りない。」と言う。
 細かいのが無かったので、もう1万渡すと。
 「クリア、クリア」と言って行け行けと手を振る。
 「おかしいだろ?」と言ってチケットを見ると10500ドンと書いてある。
 ふざけんなと思って、文句を言うと札びらをほって寄こした。数えると5千しか無い。
 これを、外国人が行列している前でやるのだ。
 たかが5千ドンというと25円の事なのだが、脳内の貨幣価値が現地レートになっているので、妙にむかつく。ww
DSC04407.JPG
 フエ城はやたらだだっ広い中国風のお城。
DSC04409.JPG
 要塞というよりは、皇帝のいる王宮だな。
DSC04414.JPG
 以前行った中国瀋陽の清朝の太宗ホンタイジの陵墓である「北陵」を思い出した。
DSC04416.JPG
 いや〜、暑いのなんのって。
 見学どころじゃなくなって来た。ふ〜
DSC04417.JPG
 こういう朽ち果てた「新古典主義」的な景色が好き。
DSC04422.JPG 
 そう言えば、子どもの頃ベトナム戦争のニュースで「1968年テト攻勢」の時に、ベトコンがこの王宮の中を銃を持って走っている映像を見た記憶がある。
DSC04423.JPG
 あまり修復は進んでいないようですね。
DSC04426.JPG
 奥の方に行くと、ほとんどこんな感じ。
DSC04428.JPG
 荒城の月って感じで、城は荒れている方が風情がある。
DSC04430.JPG
 お城の裏門から外に出た。
DSC04433.JPG
 もう正面まで帰る元気なし。
 タクシー拾ってホテルに帰ろう。
DSC04436.JPG
 外に出たのは良いが、全然タクシーが来ず。
 小学校がありました。
DSC04439.JPG
 そういえばのど乾いたな。
DSC04438.JPG
 買い食い少年。w
DSC04441.JPG
 フエの旧市街は緑が多く、静かでいいな。
DSC04440.JPG
 おお、こんな所にもネットカフェが。
DSC04442.JPG
 おお、こちらにも。
 何やってるんですかね、やっぱりオンラインゲームか?
DSC04444.JPG
 本当にフエは落ち着いた街だ。
 よく旅をして「フエはいまいちだった。」という人がいるが、私はこの街は好きだな。
 刺激らしい刺激は無いが、落ち着いた良い街だと思う。
DSC04445.JPG
 そうだ、床屋に行かねば。
DSC04446.JPG
 踏ん切りがつかないよね。
 怖いとかじゃなくて、もっとヤバいのが先にあるんじゃないかという迷いね。w
DSC04451.JPG
 チャンティエン橋を渡ってホテルに帰ろう。
 シャワー浴びて昼寝だ。

◇2013年夏ベトナム親子旅行アーカイブ
8月12日:Prologue1
8月14日:Prologue2
8月16日:1日目香港経由ベトナム着
8月17日:2日目ハノイ旧市街の朝 
8月17日:2日目ホンダガール
8月17日:2日目博物館めぐり
8月17日:2日目ハノイの晩ごはん
8月18日:3日目ハノイのバックパッカーストリート(マー・マイ通り)
8月18日:3日目市場好き(ドンスアン市場)
8月18日:3日目ハノイの旧市街で床屋に行こう 
8月19日:4日目古都フエ
8月21日:6日目市場好き(ホイアン市場) 
8月21日:6日目ホイアンの渡し船
8月25日:10日目帰国
posted by アサノ | 00:20 | 2013年夏 ベトナム親子旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2770
トラックバック
Search this site